First placeが語る、がむしゃらな努力で掴んだ歌という“生きがい”「性別・世代を超えて愛されるグループになる」

First placeが語る、がむしゃらな努力で掴んだ歌という“生きがい”「性別・世代を超えて愛されるグループになる」

 人気テレビアニメ『名探偵コナン』のエンディングテーマ「さだめ」で昨年夏にメジャーデビューを果たしたFirst place(ファーストプレイス)は、実力派ぞろいの男性ボーカルグループだ。2014年にKENTOとTAIHEIのデュオで活動を始め、のちにRYOMAとKAITOが加入して4人編成となるまでの数年間で多くのストリートライブを開催。そこで得た経験を生かした歌声を響かせて、幅広い層のリスナーを魅了している。11月13日に待望の2ndシングル『SNOW LIGHT』をリリースしたばかりの彼らに、「これまで」のこと、そして「これから」のことを率直に語ってもらった。(まつもとたくお)

ストリートライブをやってファンを増やすことだけで精一杯

KENTO

ーー2014年7月に結成したとのことですが、KENTOさんとTAIHEIさんの出会いがきっかけだそうですね。

KENTO:当時通っていたボーカルスクールで知り合ったんです。半年に1回行われる発表会にふたりが参加していたんですが、TAIHEIの歌を聴いて「上手いな、かっこいいな」と思って。それで「よかったら今度カラオケしない?」と誘ったのがすべての始まりでした。それでカラオケ店に行って歌っていたら、ふたりの声が合うことに気付いて。じゃあ、今度一緒にライブに出てみようかという話になったんです。そのままデュオでやっていたら、いつの間にかずっと続いていた、それぐらいのノリだったよね。

TAIHEI:そうだね。最初はそういうラフな感じだったね。

ーーふたりで初めて参加したライブではどんな曲を歌っていたんですか?

KENTO:ZONEの「secret base ~君がくれたもの~」です。ふたりでハモりやすい歌だったので選びました。僕らのイメージになんとなく合っているような気がしましたし、夏のライブだったので、季節にも合うという理由です。それともう1曲、KinKi Kidsの「愛のかたまり」も歌いました。デュオ向けの曲だし、ハモリもしっかりあるということで。

ーー当時はプロのシンガーになろうという気持ちはあったのでしょうか。

KENTO:ひとりで歌っていたときに、プロのボーカリストとして活動したいというのは漠然とあったんですけれども、デュオになってからはとにかく人前で歌いたいだけでしたね。

ーーストリートライブをやりはじめたのもその頃でしょうか。

KENTO:はい。デュオでのライブに手応えを感じたので、本腰を入れてファンを増やさないといけないなと思うようになりました。最初の頃は知り合いに声をかけて来てもらっていましたから。

TAIHEI

ーーストリートライブをやるたびにファンが増えていくという実感はありましたか?

TAIHEI:ストリートライブは原宿の竹下通り付近でやっていたんですけれども、若い人たちが集まる街ですから、そのときに流行っている曲をレパートリーにすれば人が集まってくると考えました。狙いは見事に的中してどんどんファンが増えていく中で、「もしかすると俺たちっていけるのかも」という、いかにも若造らしい自信(笑)を持つようになったんです。でもその思いが通じたのか、最終的には400人を収容できる原宿アストロホールで単独ライブをするほどのファンを獲得できました。実はRYOMAさんもこのライブにお客さんとして来ているんです。

ーーその時点でもまだプロでやっていこうとは思わなかったのですか?

KENTO:いやあ、どうだろう……。

TAIHEI:やっぱり若かったんですよね。毎日がむしゃらにストリートライブをやってファンを増やすことだけで精一杯でした。

最初に会ったときは結構ボロクソに言われた

RYOMA

ーーRYOMAさんがデュオ時代のFirst placeと知り合ったのは、一緒に参加したライブだったそうですね。RYOMAさんはどんな歌をステージで披露したんですか?

RYOMA:杏里さんの「オリビアを聴きながら」です。もともと昔の曲が大好きで歌番組をよく観ていたんですけれども、やっぱり昔の曲っていいなあと再認識して。スッキリとしたアレンジでメロディラインが浮かび上がるような感じのサウンドが好みですね。

ーー「オリビアを聴きながら」を歌っているRYOMAさんを、KENTOさんとTAIHEIさんは舞台袖で観ながら「すごい!」と思ったわけですか?

RYOMA:TAIHEI、お前どう思ってたの? 何にも思ってなかっただろ?

TAIHEI:たぶん自分の出番のことで頭が一杯で何にも考えてなかったと思う(笑)。

ーーでは、何を気に入って誘われたんでしょうか?

RYOMA:実はその次に開催したライブで、今度はKENTOと共演したんですよ。それで「また会ったね」と話しているうちに、同い年ということもあって意気投合して。連絡先を交換してやりとりしているうちにFirst placeのメンバーに誘われました。

TAIHEI:RYOMAさんは僕のことあまりいい印象がなかったみたいで、最初に会ったときは結構ボロクソに言われて。僕のこと全然評価してくれてなかったんです(笑)。

RYOMA:俺はひとりでやっていくと思ってたから、そんなことを言えたんだと思う。

KENTO:RYOMAは自信家なんです。

RYOMA:まあ、良くも悪くも(笑)。

ーー自らハードルを高くセットして勝負するタイプかもしれませんね。

RYOMA:まあ……そうなんですかね。難易度の高い「オリビアを聴きながら」をあえてセレクトするような人間なんで(笑)。

TAIHEI:だから最初はそんなに乗り気じゃないように見えたんですよ。でも気がついたら一緒にやっていたみたいな感じです。

KAITO

ーーそして2017年にKAITOさんが加入しました。その直前まで組んでいたグループはどんな音楽スタイルだったのでしょうか?

KAITO:アコースティックデュオだったんですけれども、オリジナル曲を作り、僕はギターを弾いて相方はカホンを叩くという感じでした。相方は違うグループを兼任していたんですが、そっちのプロデビューが決まったというので、仕方なく解散することになったんです。ラストライブは対バン形式で、その相手がFirst place。それでライブ終了後に一緒に食事したとき、KENTO君に「解散するんだったら、うちに入る?」って言われたのがきっかけですね。

RYOMA:ちょうどこの日、TAIHEIがインフルエンザでライブをお休みしていて俺とKENTOだけが参加したんです。リハーサルでKAITOの歌を聴いて「めちゃくちゃいいじゃん。あいつをFirst placeに入れたら最高なんじゃない?」という話になり、それで終了後にKENTOが誘いました。

ーーとにかくこの声と合わせてみたいと思ったわけですね。

RYOMA:はい。自分たちとは違う声質で、すごくハスキーでいいなと思いました。

ーーKAITOさんは誘われたとき、どんな気持ちでしたか?

KAITO:解散した当日に誘われたので気持ちの整理がついていなかったですし、自分がこれからどうしていくか考えていなかったところに、急に新たな選択肢が出てきた、という感じです。だから正式な返事はけっこう待ってもらいましたね。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!