J☆Dee’Zの3人が遂げた全方位での進化 結成10周年イヤーを迎えたグループの充実感

J☆Dee’Zの3人が遂げた全方位での進化 結成10周年イヤーを迎えたグループの充実感

 J☆Dee’Zの全国ツアー『J☆Dee’Z Spring tour 2019〜Music Athletic!!!〜』が、4月27日の横浜BAYHALLでファイナルを迎えた。

 ライブはアルバム『Jewel』の収録曲である「Shoes」からスタート。FUNKやR&Bを取り入れた音楽をメインにしてきた彼女たちにとっては意外といえる、疾走感溢れるストレートなギターロックで幕が開け、そこから勢いのある「swing swing swing」へ繋がるという、これまでにないセットリストを予感させる序盤となった。

 また、この日のライブメンバーは佐々木望(Gt / Soulife)、河原太朗(Ba)、田中航(Dr)、山下健吾(Key)と、ここ最近のワンマン公演では定番となっていた金管隊は参加しておらず、そのことがより“ロック感”を強く感じた部分でもあった。

 「Dream Arch」「Dance Dance Solution」「Beasty Girls」「Secret Dancer」を、テンポやリズムなどをシンクさせてスムースに繋いだ“Athletic!!! メドレー”では、曲間でami・MOMOKA・Nonoの3人がバキバキのソロダンスを披露するなど、歌とダンスが高次元で両立する彼女たちならではといえる、カロリー消費量の高いメドレーを見せてくれた。

 そこから「未来飛行」「Fun Time Funk!!!」でさらにフロアを沸かせたあと、まさかのジェシー・J、アリアナ・グランデ、ニッキー・ミナージュによるキラーチューン「Bang Bang」のカバーを披露。これまでもカバー曲には挑戦してきた彼女たちだったが、J-POPや洋楽のスタンダードポップスなどのラインナップだったため、このチョイスには驚いた。さらに度肝を抜かれたのは、3人がそれをハイレベルなパフォーマンスで見せてくれたこと。原曲のニッキー・ミナージュによる高速ラップのパートはMOMOKAが担当し、これまでにないアダルトな魅力を感じることができた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!