関ジャニ∞ 丸山隆平、伝説エピソードの数々 『大倉くんと高橋くん』での“名言”とともに振り返る

 「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと」「高橋くんと」「丸山くん!」

 聞き慣れたタイトルコールの嬉しい違和感に、オープニングからほほが緩む。関ジャニ∞の大倉忠義とシンガーソングライターの高橋優がパーソナリティを務めるラジオ『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)に、丸山隆平がゲストで出演した。

 「はい、どうもこんばんはー! よろしくお願いしますー!」丸山が挨拶をすると同時に、〈ワンシャン・ロンピンピンドンシャン〉と陽気なBGMが聴こえてくる。「これ流していい? 大丈夫これ?」と吹き出し気味に聞く丸山に、「ヤバイ曲、ヤバイ曲が流れた(笑)」と喜ぶ大倉。そして、「な、な、なんでしたっけ? ワンシャン?」と嬉しそうに尋ねる高橋のバランスがオープニングから心地よい。

 この不思議なワードが並ぶ曲のタイトルは「ワンシャン・ロンピン♪♪」。これは“丸山隆平”を中国語読みしたものだ。「歌詞にします?」と大倉もツッコまずにはいられない伝説の曲なのだが、これまでも大倉を通じて数々の“丸山伝説”が語られてきた。今回の放送で改めて明らかになった“丸山伝説”を名言(迷言?)と共に書きとめておきたい。

スタジオで全裸になるのは「ラジオの特権ですもんね」

 ラジオの仕事は「映らないから、何してもいい」と認識しているという丸山。村上信五と『レコメン!』(文化放送)を手がけていたときには、「はじまりのときから全裸だったりとかして。別に何も言わず。だってわからないじゃないですか。とかっていうのを楽しんだり」と、スタジオで一糸まとわぬ姿でいたことをサラリと告白。

 そのまま「今日も脱ぐ?」という流れになりかけると、大倉が「ちょっと待って。今日ご飯食べた? ちゃんと? 元気?」と丸山のバイタルチェックをするのもおかしい。どうやら食事をしっかりとらないと、スタミナが続かないという伝説もあるようだ。

 ちなみに、先のラジオでハロウィンには全力のフリーザやゾンビ姿で登場し、村上が番組を卒業する際にはスーツ&白い薔薇の花束を手に登場していた丸山。脱ぐ方向だけでなく、着る方向にも、全力なことを書き加えておく。

休日の過ごし方は「2部構成でいきますね」

 お酒好きな共通点がある3人は、“休日に昼間から飲めるなんて最高”トークで大盛り上がり。丸山は「昼間に録画してるやつとかDVDとか見ながら夕方までダラダラ飲んで、そのままソファで寝ちゃって。6時くらいにまた起きて、2部寝はじまって。まだ残ってるから、そこから人と会ったりもできるし」と、理想の休日の過ごし方を明かす。

 ちなみに、丸山はもともとお酒が強いわけではなく、大倉いわく「最初ゲーゲー吐いてた」そう。丸山が主役の祝いの席では、テンションが上がってひとりで飲みまくり、マーライオン化していたことも……。ちなみに「昨日の夜は?」と高橋から聞かれると、「飲んでないです。飲むわけないですよ、さすがにね。遅刻とかしたらいけませんから。常識人として。遅刻なんて!」と断言。しかし、「次の日、お昼からお仕事がある日は、飲みま……」と高橋が続ければ「飲みます! “お昼やー”って言って飲みます」と食い気味に答えて笑いを誘う丸山だった。

 「遅刻なんて!」と敏感に反応していたのは、おそらく11月27日深夜に放送された『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)で、収録に1時間15分の大遅刻をかました直後だったからではないか。大阪のスタジオへメンバーと共に飛行機で向かうはずが、寝坊して間に合わず。新幹線で向かっていたものの、そこでも寝過ごしてしまったというから、2部寝が相当好きなことがわかった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!