岡崎体育、『磯野家の人々』で20年後の中島役に抜擢 役者としても発揮する持ち前の“異質さ”

『岡崎体育ワンマンコンサート「BASIN TECHNO」@さいたまスーパーアリーナ(DVD)』

 ジャンルの壁を超えた幅広い音楽センスとユニークな歌詞で、独自の世界観を表現し続けるシンガーソングライター、岡崎体育。2019年はデビュー前より目標に掲げていたさいたまスーパーアリーナ公演も成功させるなど、アーティストとしてますます勢いに乗る彼だが、昨今では俳優業への進出も目覚ましい。たとえば、現在オンエア中のサントリー『BOSS』のCM最新作『宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ「老舗」編』では、和菓子屋の跡取り息子という役どころで立川談春と共演しているほか、11月24日に放映されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』では、カツオ(濱田岳)の親友・中島役に抜擢されている。「僕みたいなわがままボディが中島くんの役をやらせてもらって大丈夫なのか!? と思いました」とオファーの際の心境を明かすが、同時に「“いや、中島太り過ぎやろ!”って思ってもらえたらポッチャリ役者冥利につきます」とコメント。自然と“役者”という言葉が出るあたり、まんざらでもないのが本音だろう。

岡崎体育、和菓子職人のぐうたら息子役 『ボス』CMで立川談春&トミー・リー・ジョーンズと共演  『サントリー カフェ・ド・ボス』新TV-CM「老舗」篇&インタビュー

 岡崎が俳優デビューを飾ったのは2018年。NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)でのことだった。演じたのは、逮捕された立花萬平(長谷川博己)たちが収監された雑居房を監視する進駐軍のMP(軍警察)、チャーリー・タナカ。カリフォルニア生まれの日系人という設定ながら見た目はモロ日本人、しかもバリバリの関西弁でまくしたてる姿は、強烈なインパクトを残した。それまでのNHKの番組への出演経験からオファーに繋がったとのことだが、演出を担当した保坂慶太氏は「想像以上の熱演で、チャーリー・タナカの繊細な心情を表現してくださったと感謝しています」と高く評価した(参照)。続いて今年4月には映画『麻雀放浪記2020』に出演。斎藤工演じる坊や哲を翻弄するオタクのテロリストという、またもぶっ飛んだ役柄で観客を圧倒した。時系列としては、『まんぷく』よりも先に撮影されており、岡崎にとって商業作品での初めての演技だったとのこと。そして8月にはドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合)にゲスト出演。都合が悪くなると嘘をつくダメな会社員を、本人曰く“超自然体”で演じ、SNSでは「ダメ男の再現度高すぎる」「これ、素でしょ?」と反響が相次いだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる