岡崎体育が歌詞にまでして歌い続けてきた夢の場所 たまアリ単独ライブを振り返る

岡崎体育が歌詞にまでして歌い続けてきた夢の場所 たまアリ単独ライブを振り返る

 2019年6月9日日曜日、18,000人を集めてソールドアウト、掛け値なしの大成功に終わった、岡崎体育のさいたまスーパーアリーナワンマンライブ。これは、インディー時代から「30歳までにやる」と目標として掲げ、そのことを再三再四MC等で口にするだけでなく、メジャー一発目のアルバム『BASIN TECHNO』の1曲目「Explain」では〈いつかはさいたまスーパーアリーナで口パクやってやるんだ 絶対〉と歌詞にまでして歌い続けてきた……いや、口パクし続けてきた夢の場所であり、ゴールであり、到達点である。

 いつものように……いや、規模がでかい分、いつも以上に爆笑を巻き起こしながらも、本人が何度か感極まりそうになっていたのも(こらえていたけど)、「そりゃあそうだよなあ」とつくづく思った、そしてこちらもつられてじーんとした、本当に感動的なステージだった。初期に比べると“笑いどころ”と同じくらい“感動どころ”が存在するライブだったのも、最新アルバム『SAITAMA』(2019年1月9日リリース)で“ネタ曲排除”という方向に舵を切ったからだけではなく、この日を目指して走って来た彼のストーリーを18,000人が心から共有していたからだと思う。

 では、以下、この日のライブのポイントを、箇条書きで追っていきます。

・尺は約2時間半ちょっと、曲数は全25曲(SE含む)。最初のMCで本人が「とても楽しい2時間をお約束します」と言っていたので、予定より長くなったのだと思うが、にしても、このキャパで、この尺で、ちょっとだけ出たサプライズゲスト(後述。なお、その人も曲には参加していない)を除いて、たったひとりでやりきる。というのは、相当なことだなあ、偉業と言ってもいいくらいだなあ、と、改めて思う。Perfumeだって3人だし。ゆずだってふたりだし。なお、開演前の影アナも本人が務めていた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

・ライブは3部構成。1部8曲、2部7曲、3部はアンコール合わせて10曲。1部と2部の間は「岡崎体育とバーチャル食事デート体験」(お客は岡崎体育の彼女目線、彼に話しかけられながら朝食をとるというもの)、2部と3部の間には「なにをやってもあかんわ」のMV、と、それぞれ幕間映像がつないだ。

・巨大な効果映像あり、レーザーあり、火炎や銀テープなどの特効あり、花道とセンターステージあり、とこの規模の会場らしい演出がいっぱい。アリーナと1階スタンドのお客さんにプレゼントされたお土産=フリフライトの光の色が、曲に合わせて変わり続けるさまも、圧巻だった。

・開演予定時刻の16時30分を15分ちょっと回ったあたりで客電が落ち、爆音でSEが鳴り響く。ステージ前に貼られた巨大な白いスクリーンに本人のシルエットが浮かび上がり、その胸の「BASIN TECHNO」の文字をレーザーがなぞり、1曲目「Open」が始まると同時に幕が落ち、巨大な白階段の上に立った本人が登場ーーというオープニング。第一声は「岡崎体育です、よろしく! 夢叶えに来ました!」。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる