乃木坂46 秋元真夏、“大人な一面”見せるVTRに挑戦 「欲が収まらない」

 乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。11月17日の放送では、乃木坂46メンバーが自分のやりたいことを完全自己プロデュースでVTR作品化する「VTRクイーン決定戦」が前回に引き続き行われた。

乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』Type-D

 最初のVTRは、堀未央奈による「Miona’s Beauty Lesson」。VTRで堀は、3期生・向井葉月のヘアメイクとファッションをプロデュースし、大改造していく。実際に、変身した姿で登場した向井。司会のバナナマンと他のメンバーは「これは可愛いわ」「可愛い〜!」と大絶賛した。さらに堀から「100万円のバック頂いていいんですか?」と言いそうなキャラを仕込んでほしいと言われた向井は、バナナマン・日村勇紀に上目遣いであざとさをアピール。その可愛らしさに日村は「一応考えておこうか」とメロメロな様子だった。

 次のエントリーはVTR「白石麻衣のコントがした〜い!」。白石麻衣はお笑いコンビ・シソンヌにオファーを出し、3人で「シロンヌ」というユニットを結成した。シソンヌとの打ち合わせでは、じろうから「どんなコントがやりたい?」聞かれ、白石は「ぶっ飛んでる系が好き」と答える。「白石さんが感情的になっているところを見てみたい」というシソンヌ側の提案で、『白い巨塔』をテーマにしたコントに。白石は交通事故にあった男性の娘役でボケを担当。犬の散歩中という設定のため、片手に犬の糞が入ったビニール袋をかかげたまま、医師役の長谷川忍に「父は助かるんですか!?」と迫る役柄を見事演じきった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!