乃木坂46 秋元真夏、テレビ出演増加の理由は? 黒柳徹子とも渡り合うバラエティ力の高さ

 乃木坂46が5月27日に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)へ出演し、大きな反響を呼んでいる。

『Sing Out!』 (TYPE-C)

 『徹子の部屋』と言えば、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「徹子の部屋芸人」が企画されるほど、黒柳徹子の無茶振りによって数々の芸人やタレントが心を折られてきた番組。そんな『徹子の部屋』に乃木坂46が初出演するということでどのような展開になるのかと放送前から話題に上がっていた。

 出演したのは、齋藤飛鳥、白石麻衣、生田絵梨花、秋元真夏の4人。黒柳徹子が乃木坂で生まれ育ったことからグループに親近感を覚えていたということで温かく迎え入れられる。ミャンマー人の母親を持つハーフの齋藤、祖母が農家をやっていてモデルとして女性のファンも多い白石、ミュージカルで活躍し写真集『インターミッション』で黒柳徹子をオマージュしている生田、出川哲朗が憧れの秋元と、オンエアは4人それぞれの個性を活かしたトークの内容に。特に、黒柳徹子が小顔の齋藤にマスクをかけさせるくだりは、そのシュールかつインパクト大な画もハマり、ネットで大きなバズを巻き起こした。ほかにも、黒柳徹子が生田に歌をリクエストし、舞台『レ・ミゼラブル』で彼女が演じるコゼットの楽曲を一節歌い上げるという一幕もあった。

 一方で評価されているのが、秋元の瞬時なトークの返しだ。番組終盤になるとギアが一段階上がり、4人の結婚観について、おそらく予定になかったであろう質問が黒柳徹子から飛んでくる。一瞬返答に詰まるメンバーだが、そこで口を開いたのが秋元。特に昨年から秋元がコンセプトにしている「国民の嫁」がなかなか浸透しないという話題から、黒柳徹子にアドバイスを求めるなど、振り返れば自己紹介の際に必殺技として「ずっきゅん」まで披露しているのだから、そのメンタルの強さには感心するばかりだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!