AUTO-MOD GENETが語る、日本でポジティブパンクを広めることの難しさ 「“化粧をする”っていう部分だけが率先された」

AUTO-MOD GENETが語る、日本でポジティブパンクを広めることの難しさ 「“化粧をする”っていう部分だけが率先された」

 1980年に結成後、日本のポジティブパンクシーンを牽引していた一方で、演劇的表現などをいち早く取り入れたことから「日本のゴシックロックの元祖」また「ビジュアル系の元祖」とも言われているAUTO-MOD。そんな彼らが、11月13日にCD+DVD作品『祈り』を発売。なんとCD作品を発売するのは9年ぶりだ。アコーディオンの哀愁漂うシャンソンから一転、ビートの効いたポップパンクサウンドでバーストする「愛の讃歌」のカバーから始まり、アルバムを通して一つの映画を観ているかのような充実した意欲作になっている。

 今回は、AUTO-MODのフロントマン・GENETにインタビュー。アルバムにこめたメッセージや、今後GENETがAUTO-MODで発していきたいことなど話を聞くことができた。聞き手はハードコアパンクバンド・FORWARDのボーカリストとして活動しているライターのISHIYA氏だ。(編集部)

ゴスをやるために復活したわけではなかった

ーー『祈り』は、AUTO-MODとしては久しぶりのアルバムですよね。

GENET:そうだね。それまでは『Tokyo Dark Castle』っていうゴス(ゴシックロック)イベントを一生懸命やってた(笑)。

ーーAUTO-MODは1985年に解散してから1997年に再結成していますが、再結成した理由も聞いていいですか。

GENET:やっぱりバンドが辞めれなくてさ(笑)。バンドが復活した当時は、KornとかMarilyn MansonとかNine Inch Nailsがシーンに出てきてて、どのバンドもメタルのジャンルに含まれてたけど、こっちには全然メタルに聴こえなくて。「なんだこれ、みんなポジパンじゃねぇかよ。俺の時代じゃん」って(笑)。復活した理由の一つとしてそういう部分もあったかな。それが結果としてゴスっていう方向に流れていった。だから、俺がゴシックの世界を引っ張ってきたくせにこう言うのも変な話だけど、ゴスをやるために復活したわけではなかったんだよね。

ーーそうだったんですね。でも解散から再結成までの間は、様々な活動をされていましたよね。

GENET:解散後は、好きなことをいろいろやってみようと思ってた。ブルース系のハードロックみたいなGenetic Voodooもやったり、もっとポップなことをやってみようと思ってGENET & THE HIPSを始めたりした。でも結局「俺ってやっぱりAUTO-MODなのか…?」って思い知らされて、AUTO-MODみたいなパフォーマンスでいろんな音楽をやりたいと考えるようになった。それでGenet/Rock of RomanceでAUTO-MOD的な表現の封印を解いて……。でもそのときに周りに寄ってきたのはヴィジュアル系ばっかりだったな(笑)。元々“ヴィジュアルの元祖”みたいに言われていたし。こっちとしてはピンと来なかったけど(笑)。とはいえ、今のAUTO-MODメンバーはYUKINO(EX-ANS)も、HIKARU(JUSTY-NASTY)も、EBY(ZI:KILL)も、バリバリのヴィジュアル系バンドの経験者なんだけどね。

ーーでも、GENETさんがポジパンを広めたことで、ヴィジュアル系がシーンとして発展していったのだと思うのですが。

GENET:実際に、俺がポジパンを意識的に日本で流行らそうとしたところはある。もし俺が流行らせてなかったら、あっという間に無くなってたかもしれない。でも日本では、ポジパンの本来の音楽性とか精神性は広まらないまま、“化粧をする”っていう部分だけが率先された結果、独特の“ヴィジュアル系”として発展していったよね。

ーーたしかに。ゴシックに関してはいつ頃から意識するようになったんですか。

GENET:ちょうど21世紀に成る直前、ある外人から「ゴスイベントを一緒にやりましょう」って誘われたのがきっかけ。そこで俺のライブを見た観客が「これはゴスだ」って言うから「ポジパンって今のゴスなんだな」って。かなり違和感あったけど、やってることは変わらないから、まあ良いかと。でも俺はパンク上がりの人間だから、ファッションとか形式ありきというよりも社会に問題提起をしたいっていう気持ちはずっとあったんだけどね。とりあえず、21世紀の17年間は社会性を隠して、墓掘り音楽をやり続ける事になったよ。そんななかで、実は三年ほど前に、AUTO-MODの解散を考え出したころ、ちょうどTPP(環太平洋パートナーシップ協定)あたりから世界で起こっている諸問題、また日本の政治により関心を持つようになって、今のスタンス・陰謀論者なんてことになってしまったんだよ(笑)。

ーージュネさんは、サウンドやパフォーマンス、ルックスにしてもどこかにカテゴライズされる存在ではなかったですよね。

GENET:たしかに。でもさすがに17年間ゴスやってたのが、急にTwitterで政治的発信をし始めたんで、みんなに「ジュネどうしたんだ?」ってビックリされてさ(笑)。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!