GENERATIONSが兼ね備えるかっこよさと遊び心 『SHONEN CHRONICLE』ジャケットや最新MV公開から探る

 そして日本を代表するポップアーティスト田名網敬一が手がけたジャケット。田名網は、現在開催中の5大ドームツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2019 “少年クロニクル”』のツアーロゴを始めとしたグラフィック、過去4回のライブシーンと今ツアーで撮り下ろした写真に田名網のアートを加わえたアートブック『田名網敬一 × GENERATIONS ~少年クロニクル~』もGENERATIONSとともに制作している。田名網の作風は、幼少期の戦争体験をモチーフに、敬愛するアーティストやマンガからの引用など、彼の記憶の引き出しに収納されているものを奇想天外にコラージュしていくもの。『SHONEN CHRONICLE』のジャケットの正式な内容については公式発表を待つことにするが、7人の思い出や夢、そして楽曲を集約した“少年クロニクル”の世界観が具現化され、田名網らしいサイケデリックでポップな仕上がりであると感じた。

 GENERATIONSは、かっこよさと遊び心を兼ね備え、そして見る者を幸せな気持ちにさせてくれる存在だ。今回のMVやジャケット、そしてプロモーションに至るまで、GENERATIONSの良さが遺憾なく発揮されていたのではないだろうか。

(文=本 手)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!