初来日のグラミー受賞R&Bシンガー、エラ・メイについて知っておきたい5つのこと

エラ・メイ『Ella Mai』

 エラ・メイ(Ella Mai)がいよいよ日本にやってくる。昨年、アルバム『Ella Mai』でメジャーデビューを果たしたそのロンドン出身のシンガーソングライターは、10月31日になんばHatchで、11月1日に東京国際フォーラムで、それぞれ公演を行う。

 代表曲「Boo’d Up」が2019年2月に発表された『第61回グラミー賞』で「最優秀R&Bソング賞」を受賞し勢いに乗る彼女の初来日単独公演は、ファンならずとも見逃せない。本稿では、そんなエラ・メイについて、来日を機に今だからこそ知っておきたい5つのことを紹介する。

1. 始まりは15秒のIG動画

 12歳から17歳までニューヨークの音楽学校に通っていたエラ・メイだが、地元ロンドンに戻ると小売店で働きながら学校に通い、寝室で歌った15秒の動画をInstagramに投稿する日々を送っていた。そのうち、2パック(2Pac)の代表曲の一つである「Keep Ya Head Up」をカバーした動画がDJマスタード(Mustard)の目に止まり、やがて彼のレーベル<10 Summer Records>との契約に至ったという。

 多くのプロデューサーから連絡を受けるなかでマスタードと契約した理由は「彼が粘り強く連絡してくれた唯一の人だったから」なのだとか。「メンターであり兄のような存在」だというマスタードについて、彼女は次のように語る。「私が疑問に思ったことがあると、彼はいつも答えを知ってる。仕事に関係ないことでも、何か困ったことがあるときは、彼に電話すればいつも味方になってくれる」

2. お母さんは最大の理解者

 上述のとおりLAに渡り音楽の道を志すこととなったエラ・メイだが、才能に恵まれているとはいえ、まだ若い娘が海外で夢を追うと聞いて、心配しない親は少ないだろう。しかし、そんな彼女の可能性を誰よりも信じてくれたのが、ロンドンで教師をしている母親だったのだとか。(Big BoyによるYouTubeプログラム”Big Boy TV”より

「21歳の娘が地球の反対側のLAまで行くなんて、多くの人は許さないでしょ? でもうちのお母さんはいつも私の夢に協力的だった。私がステージから見てる景色を見せたくて、ステージに上げて、彼女が一番好きな”Easy”をパフォームしたら泣いちゃって、私ももらい泣きしちゃった(笑)」

 母親以外には5歳上の兄も彼女をサポートしてくれる一人で、何かあると母親よりも先に兄に電話するのだそう。デビューアルバム『Ella Mai』のスキットは彼が書いたものだという逸話もある。

3. その実力は大御所からもお墨付き

 2017年にケラーニ(Kehlani)のツアーに帯同し、翌2018年にはなんとブルーノ・マーズ(Bruno Mars)のサポートアクトに大抜擢されたエラ・メイ。『Ella Mai』にもクリス・ブラウン(Chris Brown)、ジョン・レジェンド(John Legend)、H.E.R.といった豪華アーティストが参加している。これは、彼女の実力がそれだけ多くのアーティストに認知されていることの証左といえるだろう。

 直接一緒に仕事をしたことのないアーティストから嬉しい言葉を受けることもあるという。メアリー・J・ブライジ(Mary J. Blige)もその1人だ。彼女からメッセージを貰った日のことを、エラは次のように回想する

 「私やH.E.R.がよく一緒に仕事する作曲家がいるんだけど、彼が『どこに居る? ちょっとFaceTimeできない?』ってメッセージを送ってきたんだ。私はドレイク(Drake)のコンサートを観ようとしてたから、ちょうどThe Forumに入るところだったんだけど、彼が『メアリーが話したいって』って言うから、『もちろん! 早く電話して』って言ったの(笑)。彼女は私が今お気に入りのアーティストだって言ってくれた。ヤバかった、彼女は(自分にとって)大きなインスピレーションだから。お母さんもメアリー・J・ブライジが大好きだから、私が電話してると知ったら嫉妬すると思うって伝えた」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる