Sexy Zone 佐藤勝利とKing & Prince 神宮寺勇太、誕生日を前に振り返る“しょりじん”ヒストリー

 10月30日、Sexy Zone・佐藤勝利が23歳、King & Prince・神宮寺勇太が22歳の誕生日を迎える。奇しくも同じ日に生まれた2人は、ジャニーズJr.時代に活動をともにしていたこともあり「しょりじん」と呼ばれるなどグループを越えた仲良しコンビとしても知られている。そこで今回は佐藤と神宮寺の歴史を振り返りつつ、彼らならではの魅力を探ってみたい。

 同時期にジャニーズ事務所に入所し、かつては「ジャPAニーズHi!School!」という同じグループに所属していたこともある佐藤と神宮寺。先輩の後ろで踊ったり、時にはシンメとしてコンサートを盛り上げたり、着実にグループ内でもその関係性を築いてきた。その後ジャニーズ入所から1年経たぬうちに佐藤がSexy ZoneとしてCDデビュー。神宮寺はSexy Zoneの後ろで踊ることが多く、2014年にはSexy Zone・松島聡、Travis Japan・松田元太、松倉海斗の「Sexy 松」、Sexy Zone・マリウス葉、神宮寺、King & Prince・岩橋玄樹の「Sexy Boyz」、そしてファンを加えて「Sexy Family」とすることが発表。これまで以上に、“デビューした佐藤”と関わりが深くなっていくことになった。デビュー後、ずっと一緒に活動をしてきた佐藤が先にデビューしたことにショックを受けたと度々語ったことがある神宮寺。当時、直接言葉で発信していたわけではないが、ずっと神宮寺を追いかけてきたファンの方であれば、なんとなくその心境が感じ取れていたのではないだろうか。

 しかし彼らはギスギスしていたわけではない。例えば、『ザ少年倶楽部』(BSプレミアム)などでは、2人がワチャワチャ楽しそうにやりとりをしている様子も度々放送されていたし、2013年にはしょりじんファンにとってたまらない共演となった佐藤主演のドラマ『49』(日本テレビ系)が放送された。佐藤演じる加賀美暖は根暗な男子高校生だったが、命を落としてしまった父・幹が暖の身体を借りて周りと関わり始め、徐々にクラスの人気者へとなっていく。そして神宮寺演じる井上智はその秘密を知るも、友人としてサポートしていくという役どころだ。本作でバディとして共演した2人は役の年齢も本人たちとほぼ同じで、雑談しているシーンはまるで2人の日常を覗き見ているかのようだった。今まで関係性を築いてきた佐藤と神宮寺ならではの配役だったのではないだろうか。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!