山下智久ドラマ出演、ジャニーズJr.チャンネル……海外進出を意識したジャニーズの動き

ジャニーズJr.、King & Princeも海外を意識

 このところのジャニーズJr.を中心としたYouTubeチャンネル開設にはじまり、SixTONEの「JAPONICA STYLE」English Ver.公開、また美 少年のロサンゼルスでのパフォーマンス披露、さらには昨年デビューしたばかりのKing & Princeも、海外進出を目標に掲げるなど、世界を意識した動きは今後も高まっていくことだろう。

 実際に、筆者がKAT-TUNのコンサートを通じて知り合ったファン二人は、中東と南米の出身だ。日本のマンガに興味を持ち、日本語を覚えるためにYouTubeを検索していたところ、亀梨和也出演のテレビドラマにたどり着いたという。そこからKAT-TUNの音楽に触れ、魅了されたと話していた。

 インターネットさえあれば簡単に世界のカルチャーに触れられる時代。YouTube等の配信は、世界へ羽ばたく足がかりになるはずだ。

 2011年にSMAPが初となる海外公演を中国・北京で行ったが、グループ解散の一報を受けて、駐日中国大使館の張梅参事官は「日中友好に貢献した」と述べたのも印象的だった(参考:Record China)。スポーツ同様に、アイドルが国境を超えたつながりを担うこともありうるのだ。国内でのコンサートも、変わらずコンスタントに行なって欲しいが、応援するアイドルたちの活躍のフィールドが世界に広がっていくことは喜ばしい。

■柚月裕実
Web編集者/ライター。企画、担当編集、取材・執筆してます。
日本の男性アイドルの頑張りを見ては涙する30代。
始まりはSMAP中居さん。 KAT-TUN、NEWS中心の事務所担。年中HDDの整理と原稿書きに追われています。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!