ラスアイ、霜降り明星は“公式お兄ちゃん”になれるか? 48&坂道でも築かれた芸人との密接な関係性

 ラストアイドルの冠番組『ラスアイ、よろしく!』(テレビ朝日系)が、10月2日の放送よりリニューアルし、お笑いコンビの霜降り明星が新MCを担当している。

ラストアイドル『青春トレイン』(初回限定盤)

 霜降り明星が自分たちの冠番組以外で単独MCを務めるのは、今回が初めて。ラスアイをファーストシーズンの「バンドワゴン」をかけたオーディション時から観ていた霜降り明星のせいやは、そのことをスタジオにいるラスアイメンバーに伝え、「こんな大人に泣かされているグループないんですよ!」「もう泣かなくていいんだ! 俺らも頑張るし、みんなで売れよ! 霜降り明星とラストアイドル、足並み揃えて」と鼓舞激励。ラスアイメンバーが憧れの職業になりきる魅惑の新企画「ラスアイドール」では、「審査どころじゃないです……。ずっと見てたんで。可愛い」とMCであることを忘れたファン寄りの立ち振る舞いを見せていた。

 霜降り明星の2人は、パーソナリティを務めるラジオ番組『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)でも、新MCのニュースを受けて9月13日に、リニューアル放送後の10月4日にもラジオ番組の中でラスアイの話題に触れている。せいやは、ラスアイのこれまでの歩みをリスナーに説明しながら、バナナマンと乃木坂46、土田晃之、ハライチ・澤部佑と欅坂46、オードリーと日向坂46といった坂道シリーズと芸人MCの関係性を挙げ、ラスアイと一緒により売れていきたいと抱負を語った。

 ラストアイドルの総合プロデュースを手がけるのは秋元康。秋元がこれまで手がけてきた48グループでも冠番組(地上波放送のみ)のMCを数々の芸人が務めてきた。2008年にスタートした『AKBINGO!』(日本テレビ系)にてMCを務めたバッドボーイズ(2008年~2016年)とウーマンラッシュアワー(2016年~2019年)が最も古く、続けて2010年に始まった『有吉AKB共和国』(TBS系)での有吉弘行とAKB48の関係性は、現在の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)での企画「元AKBだらけの〜」シリーズにも活きている。

 フットボールアワー・後藤輝基は、2012年から断続的に放送されていた『NMB48 げいにん!』(日本テレビ系)、2013年から約4年間放送された『HKT48のおでかけ!』(TBS系)にそれぞれ出演。特に『おでかけ』で築かれた指原莉乃と後藤コンビの信頼は厚く、指原のラスト総選挙となった2017年のポスターは2人が踊る映画『ラ・ラ・ランド』のパロディに。現在も『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にて、2人のコンビは健在だ。関西ローカルではあるものの、『NMBとまなぶくん』(関西テレビ)のMCを2013年から6年間務めるかまいたちも、メンバーやファンにはお馴染みのコンビだ。

 そして、その流れは坂道グループにも受け継がれ、2011年に乃木坂46の初冠番組『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京系/後継番組『乃木坂工事中』)がスタート。やがて、バナナマンが“公式お兄ちゃん”と呼ばれるようになり、後の2015年に始まる『欅って、書けない?』(テレビ東京系)での土田と澤部、2018年『ひらがな推し』(テレビ東京系/後継番組『日向坂で会いましょう)のオードリーにそのポジションが繋がっていく。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!