DAOKOの“未知のダンスホール”へと誘われた不思議な体験 『enlightening trip 2019』東京公演

DAOKOの“未知のダンスホール”へと誘われた不思議な体験 『enlightening trip 2019』東京公演

 9月13日、DAOKOのライブツアー『enlightening trip 2019』の東京公演が開催された。前ツアーから約1年7カ月ぶりのワンマンライブで、今回のバンドメンバーでのライブは初。既存の楽曲にバンドアレンジを施し、音源とは一味違った演奏が見どころのひとつとなっていた。

 ギターを担当するのは、吉田ヨウヘイgroupや最近では中村佳穂BANDのメンバーとして名を馳せているギタリストの西田修大。ドラムはDATSやyahyelといった新進気鋭のバンドで頭角を表している大井一彌。キーボードは網守将平。ベースはLITTLE CREATURESの鈴木正人。若い才能とシーンのキーマンが集った鉄壁の布陣である。

 また、会場選びも面白い。鶯谷は東京の下町の昔懐かしい香りの残っている地域で、会場に行き着くまでもその雰囲気に浸れる。そんな中で、ライブ会場としては馴染み深い東京キネマ倶楽部ではなく、その同じビルの2F〜3Fにあるダンスホール新世紀が今回の公演会場だ。映画『Shall we ダンス?』の舞台モデルとなった雰囲気ある施設で、ホール状の会場の隅には2階(ビルとしては3F)へ繋がる螺旋階段があったり、バーカウンターが近くに設置されていたりと、まさに映画の世界に“トリップ”したかのような感覚を味わえる。

 開演すると真っ暗に消灯し、宇宙へワープしたかのような効果音が流される。1曲目は「NICE TRIP」から幕開け。ディレイやリバーブがふんだんに用いられた音響により会場は一瞬で異空間に。そして曲の途中でDAOKOは、こうつぶやいた。

「だれでもいい このなかに 同じ気持ちの人はいませんか」

 一瞬の静寂があり、何事もなかったかのように曲が再開。曲を終えると「みなさんで一緒に楽しみましょうね」と話す。この時点で、すでに我々は“DAOKOワールド”へと誘われていた。

 間髪入れずに次の曲「さみしいかみさま」「ぼく」へ。バンド演奏のためか、サウンドにはグルーヴがあり、体が自然と揺らされる。「涙は雨粒」「BOY」「高い壁には幾千のドア」ではDAOKOの軽快なラップを含んだボーカルと迫力ある演奏が融合していく。

 特筆すべきは、7曲目「7日間創造」以降の展開だ。激しい演奏で会場を盛り上げていき、テンションが頂点へ達したところで、急激に会場の温度を下げるように曲を終えると、笙のような音色による神秘的なアンビエントサウンドを展開。鳥のさえずりも聞こえてきた。他にもさまざまな楽器を用いて観客を幽玄世界へ誘っていく。実験的、かつ、幻想的。それはまさに“トリップ”そのもの。寂しげなギターのアルペジオが鳴り始めると、やがて「蝶々になって」を歌い始めた。

 その後のMCでは、「最初の曲で明るくなってみなさんの顔が見えた時、ちょっと泣きそうでした」と告白。それに対し観客も大歓声で応える。続けて、「なかなかお会い出来る場所がライブくらいしかないので。みなさんと一緒に楽しむということを今回のツアーでは大切にしたいと思っていたので」とDAOKOは話す。

 その後、「それでは少し懐かしい曲をやりたいと思います」と言って「UTUTU」「真夏のサイダー」を披露した。まだ彼女がデビューする前の2013年の楽曲である。これには古くからのファンも驚いたことだろう。曲のアウトロでギターのコードが徐々に変化していき、「水星」のイントロへとシームレスに移り変わると会場からは歓声が。

 ミラーボールが点灯し、会場はダンスホールと化した。これこそ、DAOKOの「一緒に楽しみたい」という思いが具現化されたような空間なのだろう。会場全体が揺れているのを感じた。本編ラストの「Fog」では、DAOKOが最後の力を振り絞るようにして歌い叫び、それをバンドメンバーたちが激しい演奏でサポート。ギターの轟音、ドラムの連打に会場は包まれ、閉幕した。

 アンコールでは、ドット柄の鮮やかなターコイズブルーの衣装に着替えて登場し、「流星都市」「Cinderella step」を披露した。バンドの生のグルーヴに、時に身を委ね、時に激しく呼応し合いながら、DAOKOの必死にもがく、いや、助けを求めるような姿が印象的であった。

 ライブが終わり会場の明かりがつくと、なぜだか夢から醒めたような感覚に陥った。都会の喧騒から少し離れて、未知の空間へと誘われた不思議な体験、まさに“私的旅行”な一夜であった。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(写真=馬場真海)

■荻原 梓
88年生まれ。都内でCDを売りながら『クイック・ジャパン』などに記事を寄稿。
blog
Twitter(@az_ogi)

■セットリスト
DAOKO TOUR『enlightening trip 2019』
9月13日(金)ダンスホール新世紀

1.NICE TRIP
2.さみしいかみさま
3.ぼく
4.涙は雨粒
5.BOY
6.高い壁には幾千のドア
7.7日間創造
8.ゆめうつつ
9.蝶々になって
10.UTUTU
11.真夏のサイダー
12.水星
13.Fog

En1.流星都市
En2.Cinderella step

DAOKO オフィシャルサイト

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!