三浦祐太朗の歌声が万国で支持される理由 山口百恵カバー「ありがとうあなた」中国でも反響

三浦祐太朗の歌声が万国で支持される理由 山口百恵カバー「ありがとうあなた」中国でも反響

 三浦祐太朗が、10月2日にアルバム『Blooming Hearts』をリリースする。同作には母親である山口百恵の名曲「ありがとうあなた」や「横須賀ストーリー」などのカバーの他、オリジナル曲も収録。昭和のスター=山口百恵のDNAを受け入れ、三浦祐太朗としてのアイデンティティを模索した結果辿り着いた、シンガーソングライターとしての矜持が花開いた作品だ。

1980年代に中国で起きた山口百恵ブームが甦る

 『Blooming Hearts』には、「ありがとうあなた」を含む山口百恵のカバー4曲と、オリジナル曲4曲が収録された。「ありがとうあなた」は、山口百恵が演じたドラマ『赤い疑惑』(1975年)の主人公=幸子の心情を歌ったもので、同ドラマ最終回のサブタイトルが、そのまま曲名に付けられた。白血病を患い数奇な運命を辿った幸子が、恋人の愛と思い出を胸に旅立つことを受け入れるも、それでもまだ生きていたいと願う、儚く切ないミディアムバラード。ドラマを観たことがある者ならば、涙なくして観られなかったラストシーンと重なり、当時の感動が脳裏に甦る楽曲だ。三浦はあえて原曲に忠実に、楽曲の持つ感動を見事に体現しているように感じた。

三浦祐太朗 – 「ありがとうあなた」 Music Video

 当時の山口の歌声の魅力は、まだ少女という年齢にもかかわらず漂わせていた、母性と包容力、どこか影を感じさせる妖艶さにあった。三浦の歌声は、男女の声質の違いがあるものの、山口のそうした魅力もしっかりと携えている。歌い方やニュアンスの付け方からも、原曲の研究と試行錯誤の跡が伺えるのだ。実際に山口も非常に研究熱心で、ドラマ撮影などで忙しかったにも関わらず、歌録りがないオケ録りのときからスタジオに足を運んでいたと聞く。歌い方や雰囲気だけでなく、歌に対する情熱も、しっかり受け継いでいるのだろう。

 三浦はこの「ありがとうあなた」を中国語でもカバーし、MVを上海で撮影。中国圏(中国、台湾、香港)で先行配信すると、中国最大のSNS「微博(Weibo)」内の「アジア新曲ランキング」で最高位8位にランクインした。視聴者からは「良い曲ですね」「感動して、涙が流れてきました」など歌声に対するコメントの他、「あなたのお父さんとお母さんは、私の青春です!」など、さまざまなコメントが寄せられた。また「微博(Weibo)」にアカウントを開設すると、2週間でフォロワー数が5万人に到達するなど、中国内でも注目が集まっている。

三浦祐太朗 – 「ありがとうあなた (中国語バージョン)」 Music Video

 三浦が生まれた1984年、前述のドラマ『赤い疑惑』は中国全土で放送され、それは社会現象となった。ドラマの日は街から人がいなくなると言われたほどだ。1980年代の中国では、映画や音楽などの日本文化が注目され、特に山口百恵と三浦友和が主演したドラマや映画は、当時の若者の憧れだった。それに伴い山口百恵の楽曲も一大ブームになり、数多くの楽曲が中国語でカバーされ、スーパーマーケットやスケートリンクなどいたるところで楽曲が流れていた。当時の中国の若者にとって、山口百恵の歌は、日本と同じように青春の象徴だった。そんな中国の山口百恵ファンも認める三浦祐太朗の歌声が、『Blooming Hearts』で花開いている。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!