>  >  > 米津玄師「でしょましょ」を分析

米津玄師、『馬と鹿』初週売上40万枚超え 収録曲「でしょましょ」をボイスサンプルの観点から分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2019年9月23日付週間シングルランキング(2019年9月9日~9月15日)

米津玄師『馬と鹿』(通常盤)

 2019年9月23日付のオリコン週間シングルランキングで首位を飾ったのは嵐『BRAVE』で、推定売上枚数667,615枚。さすがというほかないが、2位につけた米津玄師『馬と鹿』も412,359枚を売り上げている。ソロアーティストが初週の売上で40万枚を超えたのは山下智久『抱いてセニョリータ』(2006年6月12日付)以来、13年3カ月ぶりとのこと。この記録はさまざまなメディアで取り上げられている。ちなみにオリコン合算シングルランキングでもほぼ同様の結果だが、Billboard JAPAN HOT100ではこの2組の順位が逆転しているのが興味深い。CDのみならずラジオやダウンロードの指標の重み付けも強いBillboard JAPANのチャートならではの現象と言える。

 と、チャートにまつわるごたくはそこそこに、今回ピックアップするのは米津玄師『馬と鹿』。収録されている3曲(「馬と鹿」、「海と幽霊」、「でしょましょ」)のうち「でしょましょ」以外の2曲はすでに拙筆によるレビューを掲載している。それでもまだ今回のシングルについて書くのかよ、と思われるかもしれないが、「でしょましょ」も近年の米津の作品を考えると興味深い一曲だ。そういうわけでここに取り上げておく。

 お笑いコンビのガーリィレコードはYouTube上での活動でも大きな人気を誇る。彼らがYouTubeにアップロードするナンセンスなネタ動画のなかには、米津玄師(のモノマネ)が何度か登場している。ガーリィレコードの米津玄師ネタのうち、個人的にもっとも気に入っているのが「ミット持ちする米津玄師」だ。

ミット持ちする米津玄師

 いちいち説明するよりは動画を見てもらったほうが早いのだが、「Lemon」に登場する特徴的な「ウェッ」という甲高い声ネタからインスパイアされたネタで、スパーリングのミット持ちをしている米津玄師(というテイのガーリィレコード高井)が蹴りを入れられる度に「ウェッ」と声を上げる(ちなみにネタの後半では蹴りに耐えて歌い続ける)。

 という具合に、あの「ウェッ」は楽曲のなかでもごく些細なパートであるにも関わらず、パロディのネタにされるくらいのインパクトを誇る。同曲が主題歌となった『アンナチュラル』の脚本を手掛けた野木亜紀子との対談でも話題になったほど(参照)。異様に耳に残るこの歌ならざる声は解けない謎のようだ。

      

「米津玄師、『馬と鹿』初週売上40万枚超え 収録曲「でしょましょ」をボイスサンプルの観点から分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版