>  >  > 欅坂46、9thシングルフォーメーションを分析

田村保乃、松田里奈ら2期生も選抜入り ”新しい欅坂46”による9thシングルフォーメーションを分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46の9枚目シングルの発売決定に伴い、9月8日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)にて選抜が発表された。初の選抜制度が導入され、選ばれたのは1期〜2期生含めた17名。その人選とポジションが波紋を呼んでいる。

欅坂46『黒い羊』(通常盤)

 欅坂46はこれまで、ひとりも欠けることのない”全員選抜”を貫いてきた。ただし、1stシングル曲「サイレントマジョリティー」は遅れて加入した長濱ねるを除く20名の選抜であったことや、2期生が加入した後の8thシングル曲「黒い羊」は1期生のみの17名選抜であったことを考えれば、実際は”1期生選抜”であったと考えるべきだろう。

 つまり、今回の選抜は現在所属している1期生の17名という枠を、2期生の数名が押し退けた形となる。それゆえ、選抜の結果に戸惑うファンも多く、運営の判断に賛否両論が巻き起こっている。列島に台風が直撃したこの日、”新しい欅坂46”の発表にまさに大荒れの一夜となった。

<9thシングルフォーメーション>
後列:土生瑞穂・渡辺梨加・井上梨名・原田葵・関有美子・上村莉菜・藤吉夏鈴
中列:武元唯衣・菅井友香・森田ひかる・守屋茜・佐藤詩織
前列:小林由依・松田里奈・平手友梨奈(センター)・田村保乃・渡邉理佐

打ち出した”新しい欅坂46”

 デビュー作から一貫してセンターに立ち続けている平手は、今作でもセンターポジションを維持した。怪我で離脱することも多いが、彼女なくして欅坂46は語れない域にまで達している。女優業などアイドルの枠を超えた活動を軸に、今後もグループを牽引していくだろう。

 そして、”新しい欅坂46”を象徴するのが今回7名が選ばれた2期生たちだ。彼女たちは昨年加入したばかりでありながら、今年に入ってから数多くのイベントに出演し着実に力を付けている。これまでの成長を見た上で、期待値込みの抜擢といったところか。

 特に、平手の両脇に位置する田村と松田は、すでに多くの仕事を任される期待の新人だ。先日SHOWROOMにて配信された『欅共和国2019開催直前スペシャル』でも、1期生に混じり安定感のある進行を見せていた。松田は社会人経験もある”しっかり者”で、すでに2期生のまとめ役的存在にもなっている。物怖じしない明るい性格でグループに新しい風を吹き込むだろう。

 一方の田村についても、7月10日に行われた東京ヤクルトスワローズと横浜DeNAベイスターズ戦の始球式を菅井とともに務めたり、音楽ゲームアプリ『UNI’S ON AIR』の詳細発表の配信でも菅井と守屋とともに出演するなど、グループの顔としての役目を任されている。こうした”小さな選抜”を勝ち取ってきた彼女たちだからこそ、前列の重要なポジションに立てているのだろう。

      

「田村保乃、松田里奈ら2期生も選抜入り ”新しい欅坂46”による9thシングルフォーメーションを分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版