田村心が語る、アーティスト活動への真摯な思い 「自分が歌う意味が感じられるものにしたい」

田村心が語る、アーティスト活動への真摯な思い 「自分が歌う意味が感じられるものにしたい」

自分の感情ともリンクする「Next Step」の歌詞

ーーファンの存在が、活動のモチベーションということですね。

田村:お手紙とかSNSを通じての言葉から、元気をもらえたり励みになったりしていますので、間違いなくそうですね。

ーー今日もこの取材の前にラジオの生出演があって、サテライトスタジオにたくさんのファンが集まったそうですね。

田村:正直、それほど来ていないだろうと思っていたんです(笑)。出演時間も短いし、天気も雨だったので。でも、僕が出演する時間の1〜2時間も前から集まってくれていたそうで、本当にありがたいなって。もっと感謝しないとなって思いましたし、この気持ちはお仕事でお返しできるようにもっと頑張らないとなって思いました。

ーーファンはこの曲を聴いて、田村さんのそういう気持ちを感じて、ウルッとくるでしょうね。

田村:そうだったらうれしいですね。僕自身とリンクした歌詞なので、いろんなことを感じてほしいです。

ーーカップリング曲の「Next Step」はバラードで、田村さんは稽古帰りにこの曲を聴いたりしているのかなと想像してしまいました。

田村:まだ稽古帰りに聴いたことはないですけど、確かにそういうシチュエーションにすごく合いそうです。自分を奮い立たせてくれる感じがありますからね。今度、聴いてみたいと思います(笑)。

ーー「Next Step」は、どんな制作だったんですか?

田村:「Next Step」は、歌い方をすごくこだわりました。スタッフさんからもアドバイスをもらって、もっと強くとか抑揚を付けてとか、けっこう話し合ってレコーディングしました。それに、作詞作曲の小形誠さんと直接ディスカッションする機会があったんです。だから歌いにくい言葉がなかったし、すんなりと自分に入ってきた言葉たちが並んでいるという印象でした。

ーーどういう話をされたんですか?

田村:役者という仕事に対する自分の考えだったり、今感じている不安だったりを話しました。安定しない仕事なので、その面では不安を感じるけど、それでもこれしかやっていくつもりはないし、自分には、これしかないと思っていることとか。そういう話をさせていただいて、そこから膨らませて書いてくださって。

ーー歌詞で、特に自分らしいと思うのはどこですか?

田村:〈憧れのヒーロー その代役とか〉というフレーズが出てくるんですけど、実際に代役をやっていたことがあって、小形さんが僕の経歴を詳しく調べて入れてくださったみたいです。他にもいろいろな感情が歌詞に出てきて、自分の感情ともけっこうリンクしているところが多いと思います。

ーーこの歌詞から想像される田村さんは、何かこれと一つに決めつけず、いろいろなことにチャレンジしていきたい方なのかなと。

田村:いろんなジャンルのお芝居にチャレンジしていきたいと思っているので。そういう思いも、自分とリンクします。

ーー〈最後にそっと笑えたら〉という歌詞もいいですね。

田村:はい。ここは作詞家さんが書いてくださったんですけど、この言葉を見て「確かにそうだよな」って思いました。役者という仕事を辞めることはないけど、いつか終わりを迎えたときに、マイナスな気持ちではあってほしくない。最後は、笑って終われたらいいなって思います。

ーーきっとどんな役でも、どんなことがあっても、全部が糧になっていて、振り返ると良かったと思えるんでしょうね。

田村:今までも、本当にそういう経験ばかりです。逆に、そう思わなかったことはないですね。嫌だなと思うことは一度もないし。もちろん稽古は、めちゃめちゃハードで本番を迎えるまでは大変だし、本番でもいろいろなことがあります。でも公演が全部終わったときに、マイナスなことを考えたことはなかった。そこもすごくリンクしますね。

ーー舞台は、始まっても数カ月後には終幕する。必ず終わりが決まっているからこそ、舞台で得られる一体感には特別なものがあると聞きます。

田村:僕は映像の仕事の経験がないので比較はできないですけど、きっとそれはそうだと思います。1カ月や2カ月という期間、稽古と本番を一緒に過ごすので、特に終わるころの一体感はすごいものがありますよ。共演者との仲もすごく良くなるし。終わると、ロスじゃないけど、すごく寂しいです。毎回そういう気持ちになります。今も『僕のヒーローアカデミア The “Ultra” Stage』や『ハッピーマーケット!!』が終わったばかりなので、ちょっとロスしています(笑)。その期間は毎日誰かと一緒にいたので、お休みの日にひとりでいると、ちょっと寂しいなみたいな。

ーージャケット写真やMVの撮影はどうでしたか?

田村:ジャケット撮影は、特に表情を作り込む感じでもなくて、素のままを撮っていただいた感じです。現場にスタッフさんがワンちゃんを連れて来ていて、一緒に撮ったりして楽しかったですよ。ただMVに関しては、映像の現場の経験がないので、映像のカメラを前にして表情を撮っていただくこと自体がすごく新鮮でした。海が見えるスタジオでは部屋のシーンを撮って、浜辺を歩くシーンなども撮影したんですけど、外がすごく暑かった。

ーーMVは、絵コンテがあって?

田村:絵コンテはなかったです。その場で監督さんから、「ここをこう歩いてください」と指示があって、それに従って撮っていく感じでした。どういう撮影になるかはうかがっていましたけど、舞台では必ずある台本のようなものがなくて、そういう経験は初めてだったので新鮮でしたね。

ーーMVの見どころは?

田村:素の田村心の表情を撮ってもらったので、飾らない表情かな。たくさんの方に観ていただけたらうれしいです。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!