>  > 田村心、アーティスト活動への思い

シングル『君がいて欲しい』インタビュー

田村心が語る、アーティスト活動への真摯な思い 「自分が歌う意味が感じられるものにしたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの陸奥守吉行役をはじめ、『「僕のヒーローアカデミア」 The “Ultra” Stage』の緑谷出久(みどりやいずく)役など、2.5次元のステージで人気を集める俳優の田村心が、シングル『君がいて欲しい』を7月31日にリリースし、アーティストデビューした。彼にとって音楽活動とはどういうものなのか? また今作に込められた彼の想いは? 旅のエピソードなどと共に田村心の魅力に迫った。(榑林史章)

“気持ちで歌おう”と臨んだアーティストデビュー

ーー7月31日にシングル『君がいて欲しい』でアーティストデビュー。発売記念イベントなども始まっていますが、音楽の仕事は、役者の仕事とは違いますか?

田村心(以下、田村):僕のなかでは、芝居と音楽は存在感がまったく違っていて。役者の仕事は、憧れて自分から飛び込んだもので、自分の道に悩んでいたときに背中を押してくれたのが音楽なんです。だから音楽は、僕にとってすごく大事で神聖なものなので、自分がアーティストデビューすることに対しては、今はやるからには全力で頑張ろうという気持ちですけど、最初は不安がありました。でも実際にレコーディングを経験してみて、舞台で歌うものと今回歌ったものはまったくの別ものではあるんですけど、どこかで同じ部分もあるのかなと思いました。その部分では、舞台で経験してきたことも少しは活かせたかなと思っています。

ーー役者の道へ背中を押してくれたのが、UVERworldの音楽なんですよね。

田村:はい。中学生のときからUVERworldさんが好きで、最初に聴いたのが「儚くも永久のカナシ」という曲です。学校の給食の時間に流れてきた、TAKUYA∞さんの歌声に惹かれて。初めて自分でレンタルショップに行って、CDを全部借りて携帯プレーヤーに入れて聴くようになって。それまでは姉が聴いていたものをそのまま入れてもらったりしていたので、自分から進んで聴くようになったのは、UVERworldさんが初めてでした。

ーーInstagramでも、UVERworldのライブDVDの写真をアップしていましたよね。

田村:発売されてすぐに買って。ちょうどゆっくりできる時間があったので、じっくり堪能させていただきました。やっぱり最高でした! 以前は、東京でやるときはほぼ毎回ライブに行っていたんですけど、最近は仕事のスケジュールが合わずに行けていなくて。行っていたころと変わっていない良さも感じたし、さらに格好良くなっている部分もあったし。やっぱりUVERworldさんが好きだなって再認識しました。またライブに行きたいなって思いながら観ていました。

ーーUVERworldの音楽のどんな部分に惹かれていると思いますか?

田村:歌詞もそうですし、ボーカルのTAKUYA∞さんの熱さやMCの内容も好きです。あれだけ支持されているのも、そこが大きいと思います。僕自身もTAKUYA∞さんの言葉に胸を打たれて背中を押された経験があるので。ずっと大事な存在です。男も惚れる格好良さがありますね。

ーーライブDVDを観ながら、ゆくゆくは自分がステージに立つような想像もしたり?

田村:そういうイメージはまだ、沸かなかったんですけど、パワーはすごくもらったので、改めて頑張ろうと思いました。

ーーデビューシングル曲「君がいて欲しい」は、不安がありながらも自分を奮い立たせて進んで行くという、力強い意志のようなものを感じました。どういう流れで作っていったのですか?

田村:候補曲が5曲あって、そのなかから、自分らしさ、自分が好きな歌詞、自分が好きなメロディであることなど基準にして、自分が歌う意味が感じられるものにしたいと思って、今回の2曲を選びました。候補曲にはロックテイストもあったんですけど、その曲調が僕に合うか分からなかったし、ロックを僕が歌うとしたらその意味は何だろう? とも考えて。UVERworldさんが好きで、ロックの奥深さを知っているからこそ、そういう話をすごくたくさんして、曲を決めていきました。

ーーまず「君がいて欲しい」は?

田村:この曲は、最初は歌詞とタイトルが違っていたんですけど、メロディが好きだなと思って。スタッフさんにそういうお話をさせていただいたら、じゃあメロディは残して歌詞を新しく作り直してみましょうということになって。最初は、ラブソングだったんですよ。でも、そういう歌詞よりも、自分のことを応援してくださっているファンのみなさんに向けたメッセージを込めたものにしたいと思って、それでこういう歌詞とタイトルになりました。

ーー一人でレコーディングするのは初めてだったそうですが、緊張はありましたか?

田村:レコーディングすること自体は経験済みだったし、レコーディングに関わってくださったスタッフさんも知っている方が多かったので、あまり緊張することもなく、リラックスして臨むことができました。実は2日間レコーディング日が設けられていて、1日目は練習というかテスト日で2日目が本番という予定だったんですけど、1日目の調子がすごく良くて、「これが本番でいいんじゃないか」ということになって1日目で録り終えたんですよ。自分的には練習のつもりだったから、「頑張らなきゃ!」とか「本番だぞ!」みたいな気負いがなくて、それが良かったのだと思います。

ーー変に身構えず、自然体でスッと歌えたんですね。

田村:そうですね。それに、いくら頑張ってもプロのアーティストの方のようにはできないし、ちゃんと音楽をやってきたわけではないし、何か楽器を弾けるわけでもない。技術面ではプロの方に勝てないと分かっているので、気持ちで歌うしかないと思っていました。役者の田村心が歌を出す意味は、そこかなと思っていたし。気持ちで歌おうと思って臨んだので、そんなに気張らず、上手く歌わなきゃとかプレッシャーを感じることもなく臨めました。

ーー難しいとか歌いづらいというところはなかった?

田村:あったかな(笑)? あえて言うなら、レコーディングの前日に少しだけ歌詞が変わったことですね。先ほどお話しした通り、歌詞を作り直していただいたんですけど、歌詞ができあがったのがレコーディング前だったんです。家でずっと違う歌詞で練習していて、レコーディングの現場で、初めて新しい歌詞を見て歌ったから、そういう部分で最初は少し戸惑いがありました。でも、何かすごく苦労したようなところもなく、長時間かかったこともなくて。

ーー自分の気持ちが反映された歌詞だったから、歌いやすかったということでしょうね。「君がいて欲しい」の「君」は、ファンのことで、ファンとの未来に向けた歌です。田村さんがファンと一緒に行きたい場所は、どんなところだと考えていますか?

田村:応援してくださっている方がいての俳優活動ですけど、今応援してくださっている方が今後離れて行ってしまう可能性もあるし、変わらずずっとついて来てくださる方もいるだろうし。そこは僕次第というか……。だから強い意志を持って、頑張っていかなきゃなと思います。その頑張った先に、今いてくださるファンの方だったり、新たについて来てくださるファンの方、一度は離れてしまったけどまた戻ってきてくださったファンの方、どんなファンの方でも僕のことを応援してくださっていたら嬉しいなという気持ちでいます。

「田村心が語る、アーティスト活動への真摯な思い 「自分が歌う意味が感じられるものにしたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版