>  >  > フジファブ、Mステ初出演に感動

フジファブリック、デビュー15周年でのMステ初出演に感動「亡くなった志村くんの夢」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にA.B.C-Z、Official髭男dism、DA PUMP、日向坂46、フジファブリック、RADWIMPSが出演した。

 日向坂46は新衣装で「ドレミソラシド」をパフォーマンス。ライブに欠かせないアーティストグッズに注目した「ファンが驚いたアーティストグッズ」VTR特集を受けて、メンバーの丹生明里はあいみょんが大好きだと明かし、「グッズのTシャツを購入してるんですけど、まだ実はライブに行くことができていなくて、ネットのオンラインショップを利用して購入しています」と笑顔でコメントした。

フジファブリック『FAB LIST 2』(通常盤)

 番組初登場のフジファブリックは、2007年リリースの「若者のすべて」を披露。2009年12月24日、当時ボーカル&ギターを担当していた志村正彦が急逝。バンドは残された3人で存続し、亡くなった志村の代わりにギターの山内総一郎がボーカルも担当している。デビュー15周年、志村の没後10年というタイミングでの出演に山内は「亡くなった志村くんの夢というか、ノートにも『ミュージックステーション』に出たいと書いてあるのが残ってるんですよ。だから、今日は嬉しいです。ありがとうございます」と感慨深くコメントした。Official髭男dismの藤原聡と小笹大輔は、学生時代にフジファブリックのコピーバンドをやっていたとのことで、代表して藤原が「『若者のすべて』ももちろんコピーしましたし、学生はこぞってコピーしてましたね、みんな。素晴らしい曲です」と賞賛した。今回のパフォーマンスでは、志村の過去映像と歌声と共に山内が歌う形で「若者のすべて」が披露された。

      

「フジファブリック、デビュー15周年でのMステ初出演に感動「亡くなった志村くんの夢」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版