>  >  > テミン「Famous」MVとツアーから感じる成長

テミンは“Famous”という確固たる地位を手に入れた アリーナツアーと新曲MVから紐解く成長の証

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ミュージックビデオの1stカットは、縄で両手を縛られた両手の拳。そして、左右に列をなすダンサーの間から、鋭い眼光のテミンが姿を現す――。

TAEMIN ‘Famous’ Official MV

 テミン(SHINee)の新曲「Famous」が、ついにベールを脱いだ。8月28日にリリース(先行配信は8月4日)される3rdミニアルバム『FAMOUS』のリード曲。現在、ラストスパート真っ最中の初のソロアリーナツアー『TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~』でも、発表されたのはタイトルのみでパフォーマンスは披露されておらず、期待が高まっていた中での、プレミア公開だ。

 “Famous(有名)”という地位を確固たるものとしたテミンの、成長の証

 ツアーでは、「(新曲は)今まで見せたことのない激しいダンス曲になると思います」(6月25日日本武道館でのライブ)と語っていたテミン。だが、7月27日にYouTubeで公開されたMVは、想像をはるかに超えていた。〈触れるものすべて ダイヤに変えようか/見つめる瞳 真珠をあげようか〉と挑発的な表情で投げかけ、禁断の果実とされる林檎をかじり、冒頭に登場する縄を引きちぎる。

撮影:上飯坂一

 振付を手がけたRIKIMARU氏曰く、MVのコンセプトは「ギリシャ神話に登場する怪物・メデューサの蛇と目が合うと石になってしまうように、テミンを見たら石になって見惚れてしまうようなイメージ」(テミン オフィシャルサイト)。そう、強烈なビートで彩られた映像の中には、見る人すべてを惹きつける妖艶かつパワフルなオーラをまとうテミンがいた。

 “SHINeeの末っ子”としてメンバーとファンに愛されるテミンは、2016年7月、ミニアルバム『さよならひとり』で日本ソロデビュー。アジアンテイストに自らのルーツを見いだし
た「さよならひとり」、さらにその世界観を深めた「Flame of Love」。美しく繊細で叙情的な曲調から一転、「Famous」のテミンは「WANT」や「MOVE」で見せた昂然たる姿により近い。2017年に会場全体が震えるような緊張感で見守る中、武道館で初めての日本ソロコンサートを成功させ、昨年は初の日本全国ソロツアーを完走。日本ソロデビュー3年目という節目に満を持してリリースした最新MVは、文字通り“Famous(有名)”という地位を確固たるものとしたテミンの、成長の証といえるだろう。

      

「テミンは“Famous”という確固たる地位を手に入れた アリーナツアーと新曲MVから紐解く成長の証」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版