>  >  > BTS RM、グループの歩みとも重なる成長

BTSのリーダー RM、グループの歩みと重なる成長 知的なイメージと“破壊王”のギャップも魅力に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月から続いてきたBTSのメンバー各個人に焦点を当てたシリーズだが、今回のRMで最後となった。ちょうど先日Lil Nas Xがリリースした「Old Town Road」のリミックス曲、「Seoul Town Road」にフィーチャリングしたばかりだ。

Lil Nas X – Old Town Road (Seoul Town Road Remix) feat. RM of BTS
BTS『Lights / Boy With Luv』(通常盤)

 RMが出演していたバラエティ番組で公開された通知表によると、中学1年生の時にはすでに将来の希望欄(韓国の通知表には本人と親が進路希望を書く欄がある)には「MC」と書かれていた。SUGAと同様、小学校6年生でEPIK HIGHの「Fly」を聴いてラッパーを志すように。2010年に高校1年生でBigHitの練習生になるまでは、RunchRandaという名前でウェブコミュニティなどで楽曲を発表していたという。練習生になって以降はラップモンスターという芸名を使うようになった(2017年にRMに変更)。元々防弾少年団(現BTS)はヒップホップグループとしてデビューさせる予定で練習生を集めていたこともあり、当時同じくラッパーで練習生だったIRON、Supreme Boi、キドなどと共に大南協(大南朝鮮ヒップホップ協同組合)というクルーを結成して時折活動していた。しかし後に“アイドルグループ”に路線変更されたため、他メンバーは事務所を去りRMだけが残った(Supreme Boiは現在BigHit所属のプロデューサー)。J-HOPEと同じ94年生まれで最年長ではないが、BTSメンバーの中では最も練習生期間が長いこともあり、リーダーを任されている。

 メンバーの中ではデビュー前も含め最もソロトラックを多く発表している。デビュー初期のバラエティ番組『防弾少年団のアメリカンハッスルライフ』で縁が出来たウォーレン・Gや、クリッズ・カリコーやワーレイなど、アメリカのラッパーとのコラボレーションも多い。クリッズ・カリコーとワーレイの場合はRMがファンだと公言したことでSNS上でファンがRTなどで知らせて繋いだ縁であり、すでに2015年ごろからSNS上ではARMYの勢いとアメリカ国内でのファンベースの下地がかなりあったことがわかる。2015年発表の最初のミックステープ『RM』に関しては過去記事を参照されたい。2018年にも2本目のミックステープ『mono.』を発表したが、BTS人気を反映して86カ国のiTunesで1位、ビルボード200で26位を記録した。

 楽曲制作面ではメンバーの中で最も多くの曲にクレジットされており、特に「春の日」ではサビの部分を担当している。それまで全てのタイトル曲のサビ部分は所属プロデューサーが作曲していたが、この曲で始めてメンバー作のサビが採用された。また、かつてBigHitがGFRIENDが所属するSource Musicと共同でプロデュースしていたGLAMという女子グループの楽曲制作にも参加していた。

BTS (방탄소년단) ‘봄날 (Spring Day)’ Official MV

 中高時代はかなり成績がよく、現在も語学堪能なことで知られている。読書量も多く、普段から深く思考することが多いという点はリーダーに選ばれた理由の1つでもあるようだ。ラップに比べるとダンスはあまり得意ではないようだが、スケートが得意という一面も持つ。一方日常では、色々なものを紛失したり(最低でも2回は渡航中にパスポート無くしたことが知られている)よく物を壊す“破壊王”としても知られている。このようなギャップが彼の大きな魅力としてみなされている部分もあるようだ。

      

「BTSのリーダー RM、グループの歩みと重なる成長 知的なイメージと“破壊王”のギャップも魅力に」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版