BTS SUGA、“沼”と呼ばれる所以は? ラッパーとしての実力とグループ内での役割に迫る

 6月にグループの結成記念日を迎え、釜山に続いてソウルでのファンミーティングを終えたBTS。7月には大阪・ヤンマースタジアム長居と静岡・エコパスタジアムで日本でのスタジアムツアー『BTS WORLD TOUR “LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF” – JAPAN EDITION』が控えている。今までは4人のボーカルラインのメンバーについてそれぞれスポットを当ててきたが、今回からはラップラインのメンバーについて紹介したい。

BTS『Lights / Boy With Luv』(通常盤)

 3人のラッパーの中で最年長の1993年生まれであるSUGAは、デビュー前から故郷の大邱で本名のミン・ユンギを英訳したglossというMCネームで活動していた(ユンギは“艶”という意味で、潤沢な人生を送るように、と名づけられたとのこと)。中学時代から音楽スタジオでアルバイトをしながら作曲や編曲を独学したため、録音機材や音響機材の知識があるという。地元の所属クルー・D−TOWNでもラッパーとしてよりはトラックメーカーとしての比重が大きかったようだ。

 その後、BigHitエンターテインメントが大邱で開催したラッパーオーディションをきっかけに練習生になり、上京してバイトを掛け持ちしながらソウルの狎鴎亭高校に通うことに。当時BigHitは本格的なヒップホップアイドルグループのデビューを計画していたため、10代のアマチュアラッパーをメインに探していた。SUGAはオーディションを受けた当時、アイドルグループになることを知らなかったという。パフォーマーというより作曲家やプロデューサーを目指していたため、特に初期はアルバム収録曲のメインプロデュースをメンバーの中で最も多く手掛けている。『花様年華』シリーズの頃までは、公式ブログで自らアルバムレビューを行なっていた。後述のミックステープつながりで女性ソロシンガー・SURANの楽曲「今日酔えば」のプロデュースをしたり、EPIK HIGHのTABLOの紹介で大御所歌手、イ・ソラの「リクエスト曲」にフィーチャリングされたりと、RMに次いで外部アーティストとの作業が多いメンバーと言える。現在でも年間で200曲程度(未発表含む)は作曲しているという。

 喉から吐き出すような強いトーンと、時折酔っ払ったようなアクセントのつけ方をするフロウが特徴で、特に独特のざらついたような低音ボイスが耳に残りやすい。『LOVE YOURSELF 結 “Answer”』収録のソロ曲「Trivia 轉 : Seesaw」では歌声も聴くことができる。

 韓国のアイドルグループのラッパーは自分のヴァースのリリックは自分で書くことが多い。SUGAのリリックからは、元々の本人の趣向とデビュー後の活動のギャップを最も感じていたのではないかということが想像出来る。特に2016年にリリースしたミックステープ『Agust D』ではその内面の葛藤がよく現れている(ミックステープの内容に関してはこちら)。ちなみにAgust Dというソロ名義は2014年リリースの『DARK & WILD』収録「BTS Cypher PT.3 : KILLER 」の〈SUGA a.k.a Agust D 2番目の名前〉というリリックですでに登場していた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!