>  >  > 『ナナシス』5周年記念ライブレポ

新生Le☆S☆Caや新ユニット七花少女も初登場、『Tokyo 7th シスターズ』5周年記念ライブレポ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドル育成を題材にした人気アプリゲームTokyo 7th シスターズの5周年を記念したライブ『Tokyo 7th シスターズ 5th Anniversary Live -SEASON OF LOVE- in Makuhari Messe』が、7月13日、14日の2日間、幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催された。2日間、異なるセットリストで、新生Le☆S☆Caや新ユニットの七花少女が初登場するなど見どころ満載になったイベント。CASQUETTE’Sを含む全12ユニット35名が出演した2日目をレポートする。

新ユニット七花少女がステージデビュー

 トップバッターは777☆SISTERS。ポーズを取って立つ12人がステージのあちこちに現れると、会場は大歓声に沸いた。元気さが溢れる「FUNBARE☆RUNNER」では、観客も声を合わせて歌って会場が1つになる。6月にリリースしたシングルに収録されている爽やかなナンバー「夏のビードロ☆シンフォニー」は、4台のトロッコで会場を回りながら歌い、目の前に迫るメンバーに会場の興奮も高まった。MCではそれぞれのキャラクターが発揮され、5周年と引っかけたダジャレを繰り出して照れくさそうにした久遠寺シズカ(清水彩香)の表情にも会場が沸いた。

 続くCi+LUSは、2ndシングル『TRICK』のジャケットそのままの、うさぎの耳を着けた衣装が実に可愛らしい。スキップにまつわるエピソードを披露して会場の笑いを誘ったほか、「空色スキップ」では2人で手を合わせてハートを作るキュートな振り付けも見せてくれた。

 上杉・ウエバス・キョーコ役に井上ほの花、荒木レナ役に飯塚麻結という新キャストを迎えて新たなスタートを切ったLe☆S☆Caが登場すると、会場から大歓声が起こった。新衣装はひまわりとミツバチがモチーフで、背中には可愛い羽根がついており、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)が作曲を手がけた最新曲「ミツバチ」は、新たな旅立ちと再会の願いを込めて歌った。

 4人組テクノポップユニット=WITCH NUMBER 4のステージでは、「SAKURA」を歌う4人に向けて、会場がピンクのペンライトに染まった。「いくよ」というかけ声で歌った「星屑☆シーカー」は、ラップに初挑戦したボーカルも楽しく、会場をポップな雰囲気に染め上げた。

 3人組ユニットのSiSHは、お姉さんっぽさのあるドレス風の衣装が、観客のハートをドキドキさせた。女の子の恋心を歌った「お願い☆My Boy」などを披露して、エレクトロサウンドに合わせたロボットのような動きの振り付けでも楽しませてくれた。

 “お花のようなユニット”と紹介されて登場した、今回のライブがステージデビューとなる七花少女。7人がセンターステージに登場すると大歓声が沸き、お揃いの制服風衣装にちなんだグリーンのペンライトが会場中に点灯した。可愛らしさと清楚な雰囲気を持ち合わせた「花咲キオトメ」、切なさのあるミディアムナンバーの「スノードロップ」を歌い、デビューできたことへの感謝の気持ちをパフォーマンスで観客に伝えた。

 CASQUETTE’Sは、2日目のみの出演で会場を盛り上げた。昨年とは違うモノトーン調の大人っぽい雰囲気でゴージャス感を演出。ミュージカル調の「SHOW TIME」と、妖艶さを持った「マスカレード・ナイト」ではステッキを使ったパフォーマンスで披露し、エンターテインメント性あふれるステージで観客を魅了した。

Arrow
Arrow
777☆SISTERS
ArrowArrow
Slider

      

「新生Le☆S☆Caや新ユニット七花少女も初登場、『Tokyo 7th シスターズ』5周年記念ライブレポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版