>  > 虹コン語る、結成5年で芽生えた意志

『愛をこころにサマーと数えよ』 インタビュー

虹のコンキスタドールが語る、結成5年で芽生えた意志「後輩のために虹コンを守る」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12人組アイドルグループの虹のコンキスタドールが7月10日、5th Anniversary Single『愛をこころにサマーと数えよ』をリリース。表題曲は毎年恒例の夏曲で、結成5周年ツアーに向けて弾みを付ける1枚になった。この曲に込められた虹コンらしさとは? また、結成5年を振りつつ、メンバーである岡田彩夢・清水理子・鶴見萌・根本凪・的場華鈴の5名に6年目の目標を聞いた。(榑林史章)

ここまで続けられていることは本当に奇跡

ーー虹コンは、7月14日に5周年を迎えます。5年前からのメンバーは今日のなかでは3人ですが、結成当時は5年後の今の虹コンを想像できた?

鶴見萌(以下、鶴見)・根本凪(以下、根本)・的場華鈴(以下、的場):全然です(笑)。

的場:今でこそダンスやライブパフォーマンスを褒めてもらえることが増えましたけど、結成当初はみんなヒョロヒョロで、単なる引きこもり上がりの集団みたいだったから(笑)。それが、よくぞ5年も持ったなって。もちろん紆余曲折あったけど、今大きなグループになりかけているところまで、来られたのは本当に嬉しいです。

根本:私個人のことで言うと、「いつ辞めようか」って、そればかり考えながらやっていたんです。最初は、上京したばかりで上手く電車に乗れなくて、すごく些細なことなのですがそれで辞めたいなと思って(笑)。みんないろんな葛藤がありつつも、ここまで続けられていることは、本当に奇跡だと思う。

ーー辞めずに頑張れたのは、何があったから?

根本:正直言うと途中までは、グループに対する愛着とか自覚もあまりなくて。それが、だんだん人が入れ替わったり、青組(サジタリアス流星群。グループ内はユニット赤組・青組で構成)が加わって新しい仲間が増えていく中で、せっかくアイドルをやっているんだから、「アイドルと言えば虹のコンキスタドール」と言われるくらい、何本指かに入るような存在になりたいと思うようになって。

鶴見:私は、わりと最初から長く続けたいと思っていて。アイドルのことはあまり分からず、AKB48さんくらいしか知らなくて、おこがましくもそれくらい大きくなってやるぞと思っていました。実際に虹コンが始まって、それがどんなに簡単なものではないかがどんどん分かっていって、だからこそ自分的にはこの5年は長かったなって思っています。やっとグループとしてまとまってきて、みんなで前を向いて頑張れるようになったのは、実はこの1年半くらいなんですよね。それまではまだ黎明期で、何になるかも分からず細胞分裂している途中だったと思う。今ようやく、赤ちゃんであることが分かる形になってきたなって。この調子で、どんどん大きく成長して、もっと波に乗れたらいいなって思っています。

鶴見萌

的場:私も5年前は、本当に何も深く考えていなくて、ただ歌って踊って、ワ〜ってやっていたら楽しいみたいな感じでアイドルをやっていました。今は、アイドルをやるなら虹コンじゃなきゃ絶対に嫌だと思うほど、虹コンというものにこだわりを持っているけど、そう思えるようになったのは、ねもちゃん(根本)も言ったように、後輩が増えたことも大きくて。この2人(清水・岡田)も、めちゃめちゃ頑張ってくれるから、私たちも頑張らなきゃいけないなって背中を押されるんです。

清水理子(以下、清水):急に褒められて戸惑う!(笑)。

的場:でも本当だよ。1期生としては、そんな後輩を裏切っちゃいけないという気持ちもあるし、後輩のためにも「虹コンを守るんだ」という気持ちが生まれた。結成時の何も考えていなかった自分たちと比べたら、すごく成長できていると思います。

ーー清水さんと岡田さんは、2017年に正規メンバーに昇格。当時は、どんな気持ちで入ったんですか?

岡田彩夢(以下、岡田):私はもともと大阪に住んでいて、虹コンが遠征で来た時に初めてライブを観たら、ひときわ輝いていて、いちばんきれいでキラキラとしていて。すごい! と思ったんです。

鶴見:そんなに! 嬉しい(笑)。

岡田:当時は自分のことがめちゃめちゃ嫌いで、このまま生きていたくないと思っていたから自分を変えたくて、親からの薦めもあって虹コンのオーディションを受けました。でもアイドルさんのことを知らなさすぎて、アイドルさんの世界は怖いと思っていたんですよ。漫画やアニメのイメージで、新入りはいじめられるんじゃないかって。それを覚悟して入ったら、メンバーはみんなオタクだし、こんなにやさしい世界があるのかっていうくらいみんながやさしくて。自分が居ても良い場所を見つけられた気持ちでした。家族といるのと同じくらい安心する。ここで生きていていいんだなみたいな、そんな感じでしたね。

岡田彩夢

清水:私は別のグループにいた時期が少しあり、いろいろあって辞めることになって、虹コンのオーディションを受けたんです。その時は、“天上人”を見るような気持ちでした(笑)。

根本:天上人って(笑)。

清水:本当に、それくらい虹コンのことをすごい存在に感じていたから、実際に正規メンバーになって、自分自身を虹コンのメンバーだと自覚できるようになったのは、実はここ1年くらいなんです。今は虹コンの一員として、虹コンを守りたいと言ってくださっている先輩のみなさんを下から支えたいと思っています。虹コンはここで止まってしまうようなグループではないから、今は自分も虹コンの一人として、もっと上まで目指したいなって。

「虹のコンキスタドールが語る、結成5年で芽生えた意志「後輩のために虹コンを守る」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版