>  >  > Awich×唾奇、カップリングツアーを見て

Awich×唾奇、沖縄が生んだ才能と音楽に酔いしれた夜ーー渡辺志保が見たカップリングツアー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ数年の国内ヒップホップシーンに目を向けているリスナーであれば、沖縄出身のアーティストらの目覚ましい活躍に気がつくだろう。OZworld a.k.a R’kumaやYo-Sea、CHICO CARLITOといったMCや、独自のクルーを形成して楽曲制作に励むアーティストらも少なくない。そんな中、特にその活躍が抜きん出ているAwichと唾奇の2名によるジョイントツアーが開催された。しかもバンドセット、しかも二組とも全く異なるバンド編成を用意しているといい、期待は募るばかりだった。

唾奇

 千秋楽の沖縄公演を前日に控えた恵比寿のリキッドルーム(6月29日)。会場には溢れんばかりのオーディエンス達が詰めかけ、今か今かと開幕を待ちづけていた。19時を少し過ぎた頃「ハイサイ、遊んでいきましょう!」の一言を添えて、「Cheep Sunday」のイントロとともに唾奇がステージに現れた。その瞬間、大きな歓声と無数のスマートフォンがともに上がる。「Made my day」、「Thanks – Luvsick」などの唾奇クラシックを惜しげもなくパフォームし、中でもBASIの新作『切愛』からの「愛のままに」を披露したときは、ひときわ大きな歓声が上がった。そのあとにパフォームした「Go Crazy」での〈We Go Crazy 一人じゃない 代わりはいない〉のリリックがやたらと沁みる。

 今回、唾奇が次の曲に移るたび、イントロ部分から客席から沸き起こる歓声と、自然と沸き起こる合唱の嵐にいたく感銘を受けた。皆、自然と身体を揺らしながら唾奇のリリックを口ずさんでいる。客席の多くは、唾奇より年下と見られる若いヘッズが多いように見受けられたが、関係者席に座っている妙齢の男性もまた、ステージ上の唾奇を目で追いかけながらリリックを歌っていた。その様子を見て、唾奇は浮ついたリリックではなく、リスナーの毎日にすっと溶け込むような、「温度」を持った言葉を紡ぐラッパーなのだ、と改めて感じさせられた。

 アカペラでのフリースタイルを経て、照明が緑色へと変わる。「all green」を披露した後に、WONKのドラマーである荒田洸(Dr)らが率いるバンドメンバーが登壇した。一気にグルーヴが厚みを増すが、それに負けじと唾奇のラップもますます脂が乗っていく。その後、自身とおばー(祖母)の思い出を振り返る感傷的なMCを経て「Kikuzato」へ。温かみを持った沖縄の言葉が、リキッドルーム中に響いていく。「目には見えない大切なものを忘れないでください」という一言で締めた後、煽情的なドラムの音ともに「Walkin」、「Let me」と続く。そして後半、「Good Enough」ではkiki vivi lilyが、「ame」ではHangがステージに飛び込んで、共にステージを彩った。最後は渾身の「道」で締め、白熱の60分間を終えた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

      

「Awich×唾奇、沖縄が生んだ才能と音楽に酔いしれた夜ーー渡辺志保が見たカップリングツアー」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版