>  >  > センチミリメンタル『ギヴン』OPで表現する愛

センチミリメンタル、アニメ『ギヴン』OPテーマで表す愛の深さ “凶器”のような歌声と歌詞を分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈深くえぐって そのついでにいっそ記憶も奪ってよ〉

 7月11日に放送がスタートするTVアニメ『ギヴン』(フジテレビ“ノイタミナ”ほか)のオープニングテーマ「キヅアト」は、センチミリメンタル・温詞(あつし)の切実な歌声と心の叫びのような歌詞が、互いを求め合うほどに傷つけ合ってしまう“ヤマアラシのジレンマ”を抱えながら、心の距離を近づけていく登場人物たちの心を代弁しているようだ。きっと誰もが『ギヴン』との親和性の高さと、歌詞に表現された愛の深さに驚くことだろう。

劇中バンド“ギヴン”が歌う、エンディングテーマにも関わるセンチミリメンタル

 アニメ『ギヴン』は、新書館『シェリプラス』に連載中の漫画が原作で、これまでにコミックが5巻発売されている。原作者のキヅナツキにとって、初の長編作にして代表作として名高い。物語は、高校生離れしたギターの腕前を持つ上ノ山立夏が、佐藤真冬の歌声に惚れ込み、自身のバンド“ギヴン”と共に成長していくというもの。しかし、単なるバンド物語でない。バンドを軸に切ない恋愛模様が描かれており、“ノイタミナ”初のBLアニメとして、早くから話題を集めていた作品だ。楽器や演奏シーンの描写の細かさと、ガラスのように脆く繊細ながら鋭さを持った、真冬のむき出しの言葉(歌詞)も読者の評価が高く、アニメでどう描かれるかにも熱い視線が注がれている。

©キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

 そんな注目作なだけに話題性にこと欠かず、キャスティングの妙もその1つだ。過去に囚われ続ける佐藤真冬を、『アイドルマスター SideM』などに出演して、人気高騰中の矢野奨吾。真冬の過去を受け入れて、なおも手を差し伸べようとする上ノ山立夏を、『BANANA FISH』のアッシュ・リンクス役などで高評価を得た内田雄馬が演じる。この矢野と内田というフレッシュな組み合わせの2人が生み出す化学反応に、各方面から大きな期待が寄せられているのだ。またギヴンの“大人組”メンバーとして、中山春樹役に舞台を中心に活躍する中澤まさとも、梶秋彦役に実力派・江口拓也が脇を固める。この劇中バンド・ギヴン名義となっている、センチミリメンタルが作詞・作曲・編曲などサウンドプロデュースを手がけるエンディングテーマ「まるつけ」も聴き逃せない。

TVアニメ「ギヴン」PV

 そうした話題のアニメ『ギヴン』のオープニングテーマ「キヅアト」を歌うのが、作詞、作曲、編曲、歌唱、ピアノ、ギター、プログラミングといったすべてを1人で手がける、温詞(あつし)によるソロプロジェクト・センチミリメンタルだ。2015年に“ねぇ、忘れないでね。”というプロジェクト名でバラードの「ラブソング」を発表し、この曲で『イナズマゲート2015』でグランプリ獲得。2年連続で『イナズマロック フェス』に出演した経験を持つ。2018年からは、プロジェクト名を現在の“センチミリメンタル”に改めて活動を行い、これまでに「トワイライト・ナイト」「しんすい」「死んでしまいたい、」「wear」などの楽曲を発表してきた。

      

「センチミリメンタル、アニメ『ギヴン』OPテーマで表す愛の深さ “凶器”のような歌声と歌詞を分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版