SWANKY DANK、AIRFLIPやBACK LIFTと対バン 梅雨の不快感を吹き飛ばした自主企画水戸公演

SWANKY DANK、AIRFLIPやBACK LIFTと対バン 梅雨の不快感を吹き飛ばした自主企画水戸公演

 3人組ポップパンクバンド・SWANKY DANKが6月21日、AIRFLIP、BACK LIFTをゲストアーティストに迎え、8カ月連続自主公演の第2弾ライブを茨城県の水戸LIGHT HOUSEにて行った。

SWANKY DANK

 最初に登場したのは、大阪を拠点に活動するポップパンクバンドのAIRFLIP。ハイトーンボイスのボーカルと、耳馴染みの良いメロディが、集まったオーディエンスの耳とハートをしっかりとつかみ、イベントの始まりから盛り上がりを見せた。続いて、東海地方をベースにしているBACK LIFT。3ピースでメロディックパンクを基盤にし、その表現力には定評のある彼らの疾走感あふれるナンバーが、さらにフロアを熱くする。

KOJI

 ラストはSWANKY DANKの登場。定番の登場BGMが鳴り止むと、割れんばかりの歓声とともに現れた彼らが1曲目に選んだのはメロディアスかつ重厚感のあるサウンドの「MADE A MESS」。ギターのKO-TAは水戸の出身で、会場のLIGHT HOUSEのステージには16歳から立っているという思い出の場所。集まったオーディエンスも茨城県の方が多く、地元出身者への温かい声援を飛ばす。

YUICHI

 2曲目はKOJI(Vo&Ba)とYUICHI(Vo&Gt)のツインボーカルをフィーチャーしたアップテンポの「Colors」へ。自然発生的にサークルピットをするオーディエンスも現れ、立て続けに「One Sided」へとつないでいく。ライブは中盤に差し掛かり、久しぶりに演奏したという「music」。徐々に観客のシンガロングのボリュームも上がっていき、これぞSWANKY DANKのポップパンクという「White Flag」では、オーディエンスがサビ部分を熱唱する場面もあり、フロアが一体感を増していく。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!