>  >  > 小野島大のエレクトロニックな新譜12選

小野島大の新譜キュレーション

プラッド、アンソニー・ネイプルズ、マトモス……小野島大が選ぶエレクトロニックな新譜12選

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2カ月のご無沙汰でした。今回もエレクトロニックな新譜からお届けします。

アンソニー・ネイプルズ『Fog FM』

 マイアミ生まれ、ニューヨーク拠点のDJ/プロデューサー、アンソニー・ネイプルズ(Anthony Naples)の3作目『Fog FM』 (自身がデザイナーのJenny Slatteryが設立した<Incienso>と、2018年に始動した自身のセルフレーベル<ANS>とのダブルネームでリリース>)は、アメリカのディープハウス〜テックハウスをリードする若き鬼才の本領を発揮した素晴らしい傑作です。これまで以上にフロア対応のグルービーなダンストラック中心の作りで、緻密な上モノ、デリケートなエフェクト、音色の練り込みと録音のバランスの良さ、鳴りの良さも特筆もの。ダンスミュージックの快楽をとことん味あわせてくれる逸品の登場。間違いなく彼の最高傑作でしょう。

Anthony Naples – Fog FM

ブラント・ブラウアー・フリック『Echo』

 ベルリンのトリオ、ブラント・ブラウアー・フリック(Brandt Brauer Frick)の3年ぶり5作目となる作品『Echo』(Because Music)。いわゆるクリック〜マイクロハウス的なミニマルテクノとドラム、クラシカルなストリングス、ピアノ、ハープ、ホーンといった生楽器を絡ませたオーガニックテクノ、あるいはモダンチェンバーエレクトロニカとも言うべき、とてもユニークな音楽をやっています。前作『JOY』はボーカリストとの全面コラボでしたが、今作はインスト中心。スティーヴ・ライヒ的なミニマリズムと人力ダンスミュージックのグルーヴが渾然一体となったエモーショナルでドラマティック、かつポップで洒落たサウンドは、これまで以上の完成度と感じました。テクノやエレクトロニカに興味のない人にこそ聴いてもらいたいですね。

Brandt Brauer Frick – Masse (Official Music Video)
Brandt Brauer Frick – Rest
 

エレン・エイリアン『Alientronic』

 これまたベルリンから。女帝エレン・エイリアン(Ellen Allien)の2年ぶり8作目『Alientronic』(BPitch Control/Octave-Lab) 。文句なしの力作で、ダークでハードでアシッドなフロア仕様のテクノとしては、これが現在の最高峰でしょう。研ぎ澄まされたエレクトロニックビーツの切っ先の鋭さと太さは、まさにフロア仕様。大音量で聴きましょう。

Ellen Allien – Bowie In Harmony (Official Video)

「プラッド、アンソニー・ネイプルズ、マトモス……小野島大が選ぶエレクトロニックな新譜12選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版