>  >  > 小野島大が選ぶエレクトロニックな新譜

小野島大の新譜キュレーション 第20回

リアン・トレナー、ケミカル、ボグダン・ラチンスキー……小野島大のエレクトロニックな新譜6選

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月はまず、μ-Ziqのマイク・パラディナスが主宰するUKの名門<Planet Mu>から、UKのプロデューサー・リアン・トレナーの1stアルバム『Ataxia』をご紹介しましょう。

リアン・トレナー『Ataxia』

ジューク/フットワークをIDM的に結晶化したような強烈な刺激に満ちたエクスペリメンタルテクノです。2015年から配信サイトBoomkatが運営するレーベル<The Death Of Rave>からシングルをリリースしてきた人ですが、基本的な音楽性はすでに確立していたものの、本作ではプログラミングの緻密さが格段に進化。表現の思いきりが良くなって、徹底度も切っ先の鋭さも比較にならないほどパワーアップして素晴らしい。こういう曲がかかりまくるパーティーで踊りたいものです。

Rian Treanor – ATAXIA_D1 (Original Mix) [Planet Mu]
ボグダン・ラチンスキー『Rave ‘Till You Cry』

 ポーランド出身の鬼才中の奇才、ボグダン・ラチンスキーは、かつてAphexTwinのリチャード・D・ジェイムスのレーベル<Rephlex>から、ユーモアと狂気に満ちたIDM〜ブレイクコアの傑作・怪作を次々とリリースして好き者を喜ばせていましたが、その彼の12年ぶりの作品が『Rave ‘Till You Cry』(Disciples)です。

未発表曲を中心としたコンピレーションで、新曲はないようですが、その内容は相変わらず刺激たっぷり。子供のいたずらのようなチープで無機的な電子音が明滅しながら四方八方に散乱するボグダン節は、控えめに言って最高です。

Bogdan Raczynski – 306 24n812 [OFFICIAL AUDIO]
Bogdan Raczynski – 220 s2c [OFFICIAL AUDIO]
The Chemical Brothers『No Geography』

 The Chemical Brothersの3年8カ月ぶりの新作『No Geography』(ユニバーサルミュージック)は、キャリア30年のベテランとは思えない攻撃的な作品で、初期の強烈なブレイクビーツの刺激とレイヴな高揚感が束になって押し寄せてくるようなエネルギッシュなアルバムに仕上がっています。MVも冴えてますね。フジロックのステージは凄いことになりそう。アルバムにはゆるふわギャングのNENEがボーカルと作詞で参加しています。

The Chemical Brothers – Got To Keep On (Official Video)
The Chemical Brothers – We’ve Got To Try
The Chemical Brothers – Free Yourself (Official Video)
FUUK『COLD ISLANDCold Island』

 大阪出身、東京で活動する電子音楽家・FUUKの2年ぶり2作目『COLD ISLAND』(Long Long Label)。メランコリックで美しいメロディ、流れるように洗練された電子音、緻密に構成されたサウンドプロダクション、多彩なリズムアレンジと、隅々まで神経の行き届いた完成度の高い作品です。デトロイティッシュな叙情性と、オーガニックな温もりが絶妙にバランスした音楽性は、Chari Chari、Serphあたりが好きな人にお勧め。

FUUK / Large Drop
『FUUK / COLD ISLAND』(Album Trailer)

      

「リアン・トレナー、ケミカル、ボグダン・ラチンスキー……小野島大のエレクトロニックな新譜6選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版