嵐、久々のテレビパフォーマンスへの期待 『SONGS』『テレ東音楽祭』にも初出演

 しかしながらここにきて俄然有力なのが『ラグビーワールドカップ2019』(日本テレビ系)のイメージソング「BRAVE」だ。しかし「BRAVE」は櫻井がMCを務める『THE MUSIC DAY 2019 ~時代~』または『24時間テレビ』で再び披露される可能性も考慮すると、『嵐にしやがれ』では「Monster」「GUTS!」「Doors~勇気の軌跡~」のメドレーが有力かとも思われる。皆さんの予想はどうだろう?

 テレビ欄などでは「デビュー20年分の日本テレビの懐かし映像&歌を特別披露!」とも記載されているので、過去の日本テレビの冠番組『Cの嵐!』『Dの嵐!』『Gの嵐!』から続くシリーズ第4作にして最終作『嵐の宿題くん』の映像とともに、デビュー曲「A・RA・SHI」をベースとしたデビュー当初の曲もあり得るだろう。

常にファンの期待を超えてくる、嵐ならではのパフォーマンス

 初出演となる『SONGS』はスタジオパフォーマンスで、「a Day in Our Life」を400人のファンの前で歌唱するほか、「Love so sweet」、「君のうた」を番組でしか見られないスケール感のある特別な空間で披露するという。また7月6日の13時30分から22時54分まで放送される『THE MUSIC DAY 2019 ~時代~』では、恒例のジャニーズシャッフル企画で、嵐を含む各グループがデビュー曲メドレーを披露する予定だ。こちらも曲目ごとのメンバー構成が大いに気になるところ。生放送ならではのライブ感や、嵐を中心に先輩、後輩との微笑ましい絡みを含め、楽しみは尽きない。放送まで、「こんな楽曲構成だったらいいな」などお気に入りのセットリストを想像しながら本番を待つのも楽しそうだ。いずれにしても嵐のパフォーマンスの完成度はファンの想像を超えてくるのが常。メンバーそれぞれの個性を生かしたパフォーマンスは永久保存版間違いなしだ。レコーダーの録画可能残量のチェックも忘れずに本番を心待ちにしたい。

■北村由起
ライター・エディター。出版社勤務、情報誌編集長を経てフリーに。情報誌、webマガジン、ムック等を中心に執筆。ジャニーズウオッチャー。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる