>  > The Winking Owlが語る、新体制でのスタート

2ndアルバム『Thanksラブレター』インタビュー

The Winking Owl、メンバー復帰で踏み出した新章への一歩「悩んでる感じが完全に取っ払われた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Winking Owlが、2ndフルアルバム『Thanksラブレター』を6月19日にリリースした。

The Winking Owl – NEW- (Official Music Video)

 メジャー1stアルバム『BLOOMING』(2016年)からミニアルバム『Into Another World』(2017年)を挟み、フルアルバムとしては約3年ぶりのリリースとなる同作。タイトルの通り、The Winking Owlのベースにあるラウドロックやエモといった音楽性に軸足を置きながらも、リスナーに寄り添うような、より外との繋がりを意識したポップネスも感じられる一枚となった。

 今作からは、2016年6月に脱退したRanmalu(Ba)が復帰し、改めて4人体制での再スタートを切ったThe Winking Owl。Ranmalu脱退から復帰までの3年の間に起こったバンドの変化、これまでにない表現/アプローチに挑戦したというLuizaの作詞やYomaの作曲など、今作から始まるThe Winking Owlの新たなモードについて話を聞いた。(編集部)

音楽でしか得られないものがあることを再認識(Ranmalu)

【左から】KenT、Luiza、Ranmalu、Yoma

ーー前回インタビューしたのが2016年5月、メジャー1stフルアルバム『BLOOMING』リリース時でした(The Winking Owl、バンドの個性を生み出すものとは?「Luizaが歌うことでサウンドが完成する」)。その1カ月後にRanmaluさんの脱退が発表されて。

Ranmalu(Ba):そうでしたね。

Yoma(Gt):前作のアルバムツアーが終わって、それで脱退という。

ーーだから、びっくりしたんですよ。アルバムも発売されて「これからいくぞ!」というタイミングでしたし。

Luiza(Vo):確かに!(笑)

Ranmalu:ですよね(苦笑)。

ーー脱退理由というのは、発表にあったとおりで。

Ranmalu;そうですね、オフィシャルサイトに発表したとおりです。脱退後は2年半ぐらい、音楽から離れて普通の仕事をしていたんですけど、ちょいちょいメンバーと会ってはいたんですよ。The Winking Owlのライブを観に行ったりもしていて。で……いつぐらいでしたっけ?

Yoma:去年の年末ぐらいに、そういう話をしたんです。

Ranmalu:すぐに答えは出せなかったんですけど、そう言ってもらえたのは素直にうれしかったです。

ーーなぜ再びRanmaluさんに声をかけようと思ったんですか?

Luiza:これは私からの提案で。Ranmaluくんがライブを観にきてくれると、Yomaさんと仲よくしてるし、KenTくんもすごく楽しそうに喋っているし。会っていない時間のほうが長いはずなのに……だったら、戻ってきてもらったほうが、楽器隊も楽しくやれるんじゃないかなってノリで提案してみたんです。

Yoma:Ranmalu脱退後は何人かサポートメンバーを迎えて活動していたんですけど、タイミング合わなかったりでなかなか正式メンバーとして迎えることが出来なくて。それでメンバーと「今後どうしていこうか?」と話していたときに、「やっぱりRanmaluがしっくりきていたよね?」という話になったんですね。人間的にもよく知っていて、やりやすい人柄でもあったので。あと、本人もバンドを辞めて違う仕事をしていたんですけど、音楽もやりたそうな感じがしたんです(笑)。

Ranmalu:そういう感じが出ていたんですね(笑)。

Yoma:うん(笑)。そういうのも感じていたので、もう一回誘って、またこの4人でやれたらいい方向に行くんじゃないかなと思って誘うことにしました。

KenT(Dr):でも、まさか戻ってくるとは思ってなかったなあ。

Ranmalu:それは俺が一番思ってるよ(苦笑)。

KenT:僕は3年半ぐらい前にこのバンドに加入したんですけど、僕が入って1年後ぐらいに辞め……やがったんですよね(笑)。だから、辞めると言われて正直そのときはブチ切れていました。今だから言えるけど(笑)。

Yoma:1stフルアルバムを出して、これからって時期になんで辞めるんだよ? とは思っていましたけど、もちろん本人の中ではいろいろあったんでしょうね。

KenT:まあいろいろあった結果、今は元の状態に戻れたので。しかもすごくナチュラルに戻ってきてくれて、今までずっとやってきたぐらいの空気感なんですよね。

Ranmalu:でも、ベース自体ほぼ弾いてなかったんですよ。趣味でギターを弾いたり友達とスタジオに入ったりはしていたんですけど、やっぱり音楽とは関係ない仕事が生活の中心だったので。

ーーそこで戻っていくことは、かなり大きな決断ですよね。

Ranmalu:いろいろ考えましたし、もちろんプレッシャーや不安もありました。でも、何よりも音楽から離れてみて、音楽でしか得られない経験や景色や感情があることを再認識できたので、音楽の世界にまた戻れるのなら戻りたいなと考えたときもあったので……単純にそう言ってもらえたのはうれしかったですね。

Luiza:やっぱりRanmaluくんは一番バンドマンっぽいんですよ。

Ranmalu:バンドマンっぽい?

Luiza:そう。ライブも心から楽しんでいるのが、横で歌っていると伝わってきますし、本人もライブを観に行くのがすごく好きだし。私からするとRanmaluくんが一番「バンドが生きがい」みたいに、昔から見えていたかな。それは今もそうなんですけど。だから、久々にみんなで音を合わせてベースの音を聴いたら「本当に2年のブランクあったの?」って驚きましたし、「昨日ライブしてきたのかな?」っていうようなグルーヴを出してきたので、やっぱりバンドが好きなんだなって感じました。

Ranmalu:こういうふうに直接言ってもらえるのって、なんかめちゃくちゃ恥ずかしいですね(苦笑)。

「The Winking Owl、メンバー復帰で踏み出した新章への一歩「悩んでる感じが完全に取っ払われた」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版