ONE N’ ONLY、7人のさらなる飛躍を予感させるステージ ツアー最終公演を観て

ONE N’ ONLY、7人のさらなる飛躍を予感させるステージ ツアー最終公演を観て

 EBiSSH、さとり少年団による合同プロジェクト・ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)が2019年6日16日、東京・マイナビBLITZ⾚坂で単独公演『ONE Nʼ ONLY 〜EBiSSH×SBC〜 Dark Knight』を開催した。これは名古屋、福岡、大阪、仙台と巡回した全国5都市ツアーの締めくくりとなるもの。2ndシングル『Dark Knight』のヒットで上昇気流に乗る彼らが、一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのかーー。会場は開演前から興奮に包まれていた。

 大きな歓声がわき上がる中、ステージは定刻通りにスタート。7人のメンバー(EIKU、TETTA、REI、HAYATO、KENSHIN、KOHKI、NAOYA)は、きらびやかなSEに導かれて颯爽と現れた。オープニングナンバーは「Sexy Beach Party Yes!!」。曲のタイトルをHAYATOがシャウトすると重低音のビートが鳴り響き、会場内は早くもパーティーのような盛り上がりに。

 TETTAが「リズム刻んで楽しく踊ろうよ」と優しく呼びかけるキュートなダンスポップ「Everything’s Changing」、緩急をつけたアレンジでワイルドに迫る「LA DI DA」を披露して、ここでようやくご挨拶。「ついにツアーのファイナルです。盛り上がってますか!」(KENSHIN)、「みんな、最高!」(TETTA)と満面の笑みでしゃべるメンバーたち。7人全員がこの公演でファンと会えることを楽しみにしていたのがわかる。

 そして、EIKUの歌声がドラマチックな世界を演出する「Black Hole」に続いて、さとり少年団(EIKU、KENSHIN、HAYATO)とEBiSSH(TETTA、REI、NAOYA、KOHKI)のコラボレーションコーナーへ。さとり少年団のコミカルなダンスポップ「Winter Life」やトライバルハウスの「夏へダイビング」、モータウン風のアレンジが光るEBiSSHの「KIMI GA SUKI」といった曲が、オリジナル通りの編成と思いきや、ときには7人そろってのパフォーマンスで魅了する。両ユニットの特徴を生かしながら他にはないスタイルを作り上げる、それこそがONE N’ ONLYの美学であると、会場を訪れた多くの人たちが理解したのではないだろうか。

 開演からずっと熱気が冷めることのないステージの本編は、早くもラスト2曲となった。多幸感のあるEDM「HOLIDAY」で客席を和やかなムードに変えた7人は、HAYATO&KENSHINの男臭いフロウとTETTA&REI&EIKUの爽やかなボーカルの対比が美しいソフト&メロウなナンバー「POP! POP!」で、ファンに一旦別れを告げる。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!