Snow Man、勢い乗るグループの特徴は? 身体能力、プロ意識、努力の3点から探る

並々ならぬ努力を続けるストイックさ

 どんなパフォーマンスもサラリとやってのけるSnow Man。2019年3月8日から4週連続で放送された連続ドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME~~時が奏でるリアルストーリー~』(フジテレビ系)の中では、1月に関西ジャニーズJr.から加入した向井が苦悩する様子が映し出されていた。がむしゃらに練習する姿は、視聴者の心を打った。しかし、オリジナルメンバーである深澤、佐久間、渡辺、宮舘、岩本、阿部も最初からアクロバットができたわけではない。以前『ビビット』(TBS系)に出演した際、「自分たちで武器を付けたいと思って、研究を重ねて練習した」と語っていたことがある。「アクロバットといえばSnow Man」と言われている今のポジションに到達するまでには、想像を絶する努力を重ねてきたのだろう。それもこれも彼らのストイックさあってこその実現できたグループ像だろう。

 世間が想像する「ジャニーズのパフォーマンス」を具現化した存在であるSnow Man。トークでは明るく我々を楽しませてくれるが、その影には信念と努力が隠されている。それを知ってしまったら、もう、Snow Manを応援せざるを得ない。この先もそのスキルで多くの人を虜にしていってほしい。

(文=高橋梓)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる