NEWSの歌は、登場人物が相思相愛な線で結ばれる “楽しい”が詰まった「トップガン」を聞いて

 NEWSが今夜の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に登場し、6月12日にリリースされたダブルAサイドシングル『トップガン / Love Story』より「トップガン」を披露する。

 NEWSの楽曲は、いつだって新しいワクワクがある。4人の魅力を知り尽くした制作陣の愛情、メンバー自身が持つセルフプロデュース力、そして新しいものも素直かつ柔軟に楽しんでくれるファンへの信頼があるからこそ、継続性のある挑戦が可能になっているのだ。

 今夜、歌われる「トップガン」は〈ダンダダダンダン〉とインパクト大な合言葉を掲げた王道アッパーチューン。作詞・作曲は「チャンカパーナ」「ポコポンペコーリャ」を手がけてきたHacchin’ Maya×ヒロイズムのコンビによるものだと聞けば、納得だ。さらに、イントロから左手を高く掲げ、右手を水平に広げ、肩をうねらすように踊る振り付けは、振付稼業air:manによるもの。

 遊び心あふれる歌詞に、盛り上がらずにはいられないサウンド、歌の世界観を体現するユニークな振り付け……気づいたら、それらを「NEWSらしい」と思えるようになったのも、そんなおなじみの制作陣が、NEWSと共に新境地を開拓してきたからこそ。

 一度聞いたら誰もが口ずさめるようなサビのキャッチーさも魅力的だが、筆者が感じた個人的な聞きどころは増田貴久のラップパート。コンサートでは度々ファンを魅了してきた、増田のドスのきいたラップは、これまでなかなかTVでは披露される機会がなかったように思う。キラキラのアイドルモードから急に見せる雄々しい雰囲気の切り替えは、ぜひ注目していただきたい。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!