NEWS 増田貴久ならではの“メンバーカラー論” 4年越しで4色揃えたライブ衣装への特別な想い

 「反抗してたけど……やっぱ好きなんですよねぇ〜」。

 NEWSの増田貴久が10月16日、ラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)に登場し、メンバーカラーである黄色に対する複雑な想いを告白した。「メンバーカラーにはこだわりがない」その言葉の真意を読み解くと、増田がいかにNEWSというグループを大事に想っているのかが伝わってきた。

 事の発端は、リスナーから送られてきた「3人のマイクにはメンバーカラーが貼ってあるのに、なぜまっすーのマイクに黄色がないんでしょうか」という質問メール。読み上げた小山慶一郎が「増田さん、言ったって!」と嬉しそうに振ると、「言うのね? 言わなくていいと思うんだけど……あえて黄色はヤなの!」と、渋々話し始める増田。もともとマイクについていた黄色の目印を、スタッフに頼んで外してもらったというのだ。

 現在、NEWSのメンバーカラーは小山が紫、加藤シゲアキが緑、手越祐也がピンク、そして増田が黄色。たしかにメンバーカラーが決まっていると、何かと便利だ。初めてグループを見た人にとっては、色でメンバーを見分けやすい。アイドル側もペンライトや応援グッズで誰のファンかひと目でわかる。ファンも雑誌の座談会も名前がメンバーカラーになっていれば文字情報よりも感覚的に読み分けられるし、スタッフも誰の小道具なのか色の目印があればとっさに対応できる。

 一方で、それだけ色の力は強いともいえる。赤は情熱的、青は冷静沈着、黒はクール、ピンクは愛されキャラ、黄色はムードメーカー……と、私たちは色から瞬間的に多くのイメージを膨らませてしまう。増田がマイクの黄色を外したのも、ファニーな印象を与える黄色のイメージに支配されないためだった。「一時期、超黄色キライだったもん」。雑誌撮影の背景や手持ちアイテムにも黄色が多用されることにうんざりし、黄色NGを出したこともあったという。

 だが、キライという感情は、それだけ関心があるということだ。きっと、増田は他の誰よりも色のもつ印象を強く受け止めているのだろう。それがメンバーカラーとなれば、なおさらだ。ライブ衣装を手がける増田は、これまでメンバーカラーの衣装を作ることに抵抗を示していた。それは、メンバーカラーに特別な想いがあるからこそ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!