>  > Why Don’t We、音楽に込めるもの

初の単独ジャパンツアー来日インタビュー

Why Don’t Weインタビュー 5人が音楽に込めるもの「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その前の晩、Zepp Tokyoのステージに立った5人は、キラッキラに輝いていた。昨年夏の『SUMMER SONIC 2018』での初来日に続く、Why Don’t Weの初の単独ジャパンツアー。アメリカのiTunes総合アルバムチャート1位、日本でもiTunes Popチャート4位を記録した1stアルバム『8 Letters』の楽曲を中心に、息の合ったハーモニー、ダンス、映像を駆使したスタイリッシュなパフォーマンスに、絶え間なく降り注ぐ女性ファンの大歓声。ヒップホップやR&B、ベースミュージックなど最新型のサウンドとアイドル級の個性を兼ね備えた、久々に現れたアメリカンボーイズグループの本命候補、Why Don’t Weは一体どんなグループなのか? 日本最終公演を控えた日の昼過ぎ、5人をキャッチして話を聞いた。(宮本英夫)

楽しんでもらえるなら、誰でもウェルカム(ダニエル・シーヴィ) 

ーーザック、昨日の夜はステージの上で、18歳のバースデーを祝ってもらったね。

ザック・ヘロン(以下、ザック):イエー!

コービン・ベッソン(以下、コービン):やっと12歳になったよ!

ザック:成人だね。アメリカでは12歳で成人なんだ。

ーーあはは(ジョークだよなあ……)。

コービン:これでやっと一緒に、お酒を飲みながらパーティーできるよ。

ザック:タトゥー入れちゃおうかな。

ーーあはは(ジョークだよなあ……)。

コービン:ザック以外はみんな18歳以上だったから、アメリカではお酒を飲めるんだけど、一人だけ飲めなくてかわいそうだったから。ザックもずっと楽しみにしてたんだ。

ーーみんなで「ハッピー・バースデー」を歌った。僕も歌ったよ(笑)。

ザック:イエー! ありがとう。すごく嬉しかった。

ーーここまでの、ジャパンツアーの感想を聞かせて。いい感じ?

ジャック:もちろん!

ジョナ・マレー(以下、ジョナ):すごくいい調子だよ。

ザック:でも、疲れた。

ジョナ:ツアー全体が楽しいけれど、昨日は特に良かったよ。

ダニエル・シーヴィ(以下、ダニエル):ファンのみんながすごく喜んでくれて、僕たちも嬉しいんだ。日本は、去年のSUMMER SONIC以来だけど。

ーーワンマンツア-は初めて。

ジョナ:そうそう。だからすごく嬉しいし、すごく楽しい!

ーーオーディエンスはどう?

ジャック・エイブリー(以下、ジャック):Amazing! Beautiful!

ジョナ:Happy!

ザック:ワオ! って感じだね。

ジョナ:Big Smile! 素晴らしかった。

ーー英語の歌もちゃんと歌ってたね。

ジャック:そうそう! Crazy thingだよ。

ジョナ:本当にAmazingだね。

ダニエル:歌詞を全部歌ってくれるんだ。本当に素晴らしかった。

ーー客席はほとんど女の子ばかりだった。僕のようなオジサンはちょっと恥ずかしかったよ(笑)。やっぱり女の子ばかりのほうが嬉しいかな?

ジョナ:いやいや、もちろん大歓迎だよ!

ダニエル:楽しんでもらえるなら、誰でもウェルカムさ。

ーーアメリカでもこんな感じなの?

ダニエル:いや、日本のほうが男性が多いと思う。

ジョナ:アメリカは女の子ばかりさ。

ダニエル:それはそれで嬉しいけどね。

ーーWhy Don’t Weは女の子だけに向けて曲を作ってるのかな。

ジョナ:違うよ! 誰かのために曲を書こうなんて思ってない。みんなのためさ。

ダニエル:特に僕らは、ヒップホップやR&Bの影響を受けてるからね。そういうジャンルには素晴らしい男性アーティストが多いし、リスナーにも男性が多いよね。だから女の子のためだけに書いてるわけじゃない。男性のみなさんも、ぜひライブに来てほしいな。

ーー今年出たシングルで、昨日のアンコールでもやった、マックルモア&ライアン・ルイスのマックルモアとのコラボレーション「I Don’t Belong In This Club」は最高にかっこいいね。

ジョナ:ありがとう!

ーー「I Don’t Belong In This Club」って、女性たちの大歓声に取り囲まれて、昨日はちょっとそんな気分になったけど(笑)。どうしてこの組み合わせが実現したの?

ジョナ:僕らの「Trust Fund Baby」のMVを撮ってくれたディレクターが、マックルモアの親しい友人だったんだ。それで僕らのことを紹介してくれたおかげで、コラボレーションが実現したのさ。マックルモアから最初のバースが届いた時に、これは凄い、絶対うまくいく! と思ったね。

ーー一緒に作業したの?

ジョナ:いや、ビデオは一緒に撮影したけど、レコーディングは別々だった。

ザック:彼は本当にAmazingだった。しかも、すごく礼儀正しくて謙虚なんだ。

      

「Why Don’t Weインタビュー 5人が音楽に込めるもの「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版