『サンリオキャラクター大賞』コラボ部門1位はハローメンディー「もっと愛されるキャラクターに」

『サンリオキャラクター大賞』コラボ部門1位はハローメンディー「もっと愛されるキャラクターに」

 6月4日、サンリオピューロランドにて『2019年サンリオキャラクター大賞』最終結果発表会が行われた。34回目となる今回は80のキャラクターがエントリーし、投票総数は1383万1089票(昨年は484万60票)に。会場には多くの観客が詰めかけた。

 まずはエントリーしたキャラクターと中間発表の結果を振り返り、20位〜11位を一気に発表。ランクインしたキャラクターのほぼ等身大だというパネルが登場し、大いに盛り上がった。続いてハローキティやポムポムプリンなど、ベスト10にランクインしているキャラクターたちが会場へ。10位〜4位の結果が発表され、客席は熱気に満ちた。そして、大幅にランクアップしたキャラクターを表彰する「ホップステップ賞」にこぎみゅん、TikTokで魅力を発信したキャラクターから今後の活躍が期待できるキャラクターに贈られる「TikTok賞」にまるもふびより・モップが選出。

 さらに「コラボ部門」の結果発表へ。3位は☆イ二☆(スカイピース)、2位は赤西仁に続き、1位にハローメンディーがランクインした。ハローメンディーは関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とハローキティがコラボしたキャラクター。関口とお揃いの髪型でヒップホップファッションに身を包み、これをつければ誰でもダンスが上手くなる(?)という“M”を象ったペンダントをつけている。この日は会場にハローメンディー、そして関口本人も登場。ハローキティから花束を受け取り、「ファンの皆さんはじめ、GENERATIONSのメンバー、EXILEの先輩方、後輩が盛り上げてくれて、こうして1位になることができてすごく嬉しいです。これからもっとハローメンディーが人気者になってくれたら僕も嬉しい」と受賞の喜びを語り、「ハローメンディー、おメンディー!」と恒例のギャグを披露した。

 TOP3はポムポムプリン(3位)、シナモロール(2位)、ハローキティ(1位)という結果に。ハローキティは6年ぶりに1位に返り咲いた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる