Awichと唾奇は自身のリアルをラップに昇華する カップリングツアー目前、両者の魅力を解説

 沖縄を拠点にするアーティスト・Awichと唾奇がカップリングツアー『Awich×唾奇 Supported by Reebok CLASSIC』を6月14日から東名阪&沖縄で開催する。これを機に、今回の記事では二人の魅力を解説していきたい。

 Awichが特に注目されるようになったのはYENTOWNに所属してからだろうか。2017年に発表し各所からの絶賛を集めたアルバム『8』では、Awichはナチュラルで、セクシーで、クールで、ストロングな女性像を披露した。「WHORU? feat. ANARCHY」の〈媚びないエロス〉はAwichを象徴するパンチラインだ。情報過多社会におけるリスナーには、“キャラ設定”は通用しない。特に“リアルであること”が重要なヒップホップにおいては。もちろん背景には、Chaki Zuluを中心に制作されたハイクオリティで多彩なサウンドが、Awichの言葉の強度をさらに強めたのは言うまでもない。

Awich – WHORU? feat. ANARCHY (Prod. Chaki Zulu)

 日本には女性シンガーがたくさんいて、みんなそれぞれ歌がうまいし、ルックスもかっこいい。だけどそれ以上でも以下にもなれず、その他大勢の中で埋もれてしまうことが少なくない。Awichが飛び抜けた存在になり得たのは、強烈なバイタリティの持ち主であることも一つの要因だと言える。

 ここでは彼女のライフストーリーにも触れておきたい。Awichは高校時代のアメリカ留学を経て、トラップの本場・アトランタの短大に進学する。そこで、のちに夫になる男性と知り合いAwichは20歳で妊娠し、翌年出産した。Awichの言葉を借りると「悪いことをいっぱいやっている人だった」という夫は14歳も年上で、世界最大の刑務所と言われるライカーズ刑務所で8年の刑期を終えた直後だったというが、住んでいた地域がアトランタの中でも治安が悪かったこともあり、Awich自身も車に乗っている時に銃撃されたことがあるという。Awichの生活において死は常に身近にあったのだ。夫と二人でインディアナポリスに移住したAwichは大学に進学して、学位を取得。しかし翌月に夫が射殺されてしまう。それを機に彼女はシングルマザーとして沖縄に帰還。アメリカで暮らしていた時は、同じ銃撃で大切な人を亡くした人が周りにたくさんいたとインタビューでも話している(Awichインタビュー「共感は国境を越える。辛い思いしてる人も、楽しみたい人も聞いてほしい」 / 「愛がすべて」ラッパーAwichが語る、タフな生き様)。

 彼女が心身ともにどれほどのダメージを受けたのか、想像もつかない。しかし長い時間をかけて彼女は自分と向き合いカムバックした。Awichからすれば、自分に対して陰口を叩く人間なんて〈マジお前誰?〉程度にしか思えないのだろう。だがその堂々としたスタンスこそが彼女の魅力だ。これで曲がダサかったら説得力も薄くなるが、AwichはChaki Zuluという最強のプロデューサーやYENTOWNの仲間と出会い、自身の経験を歌った楽曲とパフォーマンスの数々でアーティストやリスナーを魅了し続けている。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!