>  >  > wacci「ベツカノ」、なぜロングヒット?

wacci「別の人の彼女になったよ」、なぜロングヒット? リアルな歌詞が生まれた背景に迫る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年8月22日に配信リリースされた、wacciの「別の人の彼女になったよ」をご存知だろうか。印象的なタイトルとリアルな歌詞がSNSを中心に大きな話題となり、カバー動画が次々にアップされ、配信リリース以後ストリーミング再生回数は徐々に増加。LINE MUSICのリアルタイムランキングで1位を獲得し、MVの再生回数は350万回を突破した(参考:M-ON! MUSIC)。また、YouTubeのコメント欄には連日リスナーが自分の恋愛エピソードを書き込むなど、リリースから9カ月経た今なお大きな支持を得ている。そこで本稿では同楽曲の魅力、そしてヒットの理由について、作詞作曲を手掛けた橋口洋平(Vo/Gt)へのメールインタビューを交えながら考察したい。

wacci 『別の人の彼女になったよ』Full Ver.

リアリティある歌詞が生まれた背景

 この曲のそもそもの始まりは、iPhoneにメモしていた「別の人の彼女になったよ」という言葉。ここから膨らませて作った曲で、タイトルは当初から何となく決まっていたのだという。

「歌詞を書く時に意識していることの一つに、『違う視点から見てみる』というのがあって。自分にとっては単に『新しい彼氏が出来たよ』なんですけど、仮に前の彼氏に伝えるなら『(あなたとは)別の人の彼女になったよ』になる。それが、より登場人物やストーリーに幅が広がった感じがして気に入ったので、この言葉を使いました」

 一見簡潔だが、主人公と“前の彼”、“今の彼”と3人の存在を感じさせる、ストーリー性のあるタイトルだ。タイトルに惹かれ、「どういうこと?」とじっくり歌詞に耳を傾けるリスナーも多いだろう。

 また、「恋愛では“好き”と“幸せ”が必ずしもイコールではないことがある」と語る橋口。歌詞のストーリーについては、“今の彼”に対して不満もなく幸せだが、一緒にいて楽で、素を存分に出せていた“前の彼”が心の中に残っている、という友人が周囲に何人かいたのだという。そんな「少しズルくてせつない気持ち」を女性視点で表現したのがこの曲だ。歌詞に共感しているリスナーが多いことからも、こうした思いを抱く人は少なくないことがわかる。

 〈一緒にフェスで大はしゃぎとかはしないタイプだけど〉〈映画見てても私より泣いてることなんてないし〉といった歌詞に登場する具体的なエピソードもリアリティを感じさせ、共感を得る理由の1つ。橋口自身のエピソードではないそうだが、歌詞に出てくる“前の彼”“今の彼”“自分”の登場人物3人を掘り下げようと、こうした描写を盛り込んだという。やはりこれも橋口の友人からインスピレーションを受けたそうで、「色んな人の恋愛話を聞いてきたので、それを受けてこのシチュエーションの時に僕がイメージする“元の彼”のキャラと“今の彼”のキャラがしっかり伝わるエピソードを書いたつもりです」と教えてくれた。

 そんな中でも橋口が特に気に入っているのは 〈キスや態度だけで終わらせたりせずにちゃんと好きだという言葉でくれるの〉〈大きな声で愚痴を言うような私ではなくて それをすると少しだけ叱られてしまうから〉という“前の彼”と“今の彼”を比較して描写した歌詞。「それぞれのキャラクターもしっかり伝わる”あるある”を書けた気がします」と語る。

      

「wacci「別の人の彼女になったよ」、なぜロングヒット? リアルな歌詞が生まれた背景に迫る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版