乃木坂46 桜井玲香&伊藤理々杏に聞く、先輩から後輩へと受け継がれる思い

乃木坂46 桜井玲香&伊藤理々杏に聞く、先輩から後輩へと受け継がれる思い

「選抜の中で、今の自分に何ができるんだろう?」(伊藤)

ーー伊藤さんは前作『帰り道は遠回りしたくなる』から2作連続で選抜入り。再び選抜メンバーに選ばれた率直な感想は?

伊藤:正直、選抜発表の前は「今回、自分はアンダーかな?」とちょっと思っていたりして。

ーーえっ?

伊藤:前作のときは「選抜の中で、今の自分に何ができるんだろう?」とずっと考えていたんです。そういう心境だったので、今作でもこうやって選んでもらえるなんて想像もしてなかったですし、握手会でもファンの方が「また選抜に入ってくれてうれしいけど、選ばれるとは正直思ってなかったからびっくりした」と言ったのを聞いて。でも、選んでくださったからには自分ができることを精一杯して、またこのグループに何か貢献できたらいいなと今は思っています。

ーー昨年末にインタビューしたとき、『帰り道は遠回りしたくなる』で選抜メンバーに選ばれた理由について考えていると言っていましたが、その答えは見つかりましたか?

伊藤:半々というか……自分はグループの中でも年少のほうなので、自分が持っているパワーを見せられたらいいのかな、あるいは見せてほしいと求められているのかなと思ったし、でも本当にそれだけなのかな? と考えるところもあったし。うん、半々ですね。

ーー選抜期間をもう一度経験することで、その答えが明確に見えてくるといいですね。

伊藤:うん、そうだとうれしいですね。

ーー伊藤さんが考えているようなことを、桜井さんも過去に経験してきたわけですよね?

桜井:はい。考えてきましたし、悩みまくりました(笑)。

ーーその答えは、どうやって見つかりました?

桜井:実は、私は見つからなかったから考えないようにしたんです(笑)。でも、私は理々杏が選抜にいることにはちゃんと意味があると感じていて、ほかのメンバーにはない感じを持っていると思うんですよ。それはパフォーマンスの表現力に顕著で。やっぱり大人数だと統一性が大事になってくるので、周りを見ながら合わせていくじゃないですか。そこには統一感が生まれると同時に、一方で自分らしさをちょっと削らないといけないということもあると思うんですけど、理々杏は本当に自分を表現するのが上手だなとパフォーマンスを見ていて思うんです。それこそ周りを引っ張っていけるパフォーマンス力を持っていて、周りの統一感を壊すわけでもないので、たぶんそこが買われているんじゃないのかなと私は思うので、今の理々杏の話を聞いて普通に「えっ? 必要だよね?」って感じでした。

ーーパフォーマンスに関して言えば、バースデーライブで伊藤さんがセンターを務めた「涙がまだ悲しみだった頃」が素晴らしかったという話をよく耳にします。

伊藤:えーっ、ありがとうございます! あのときは本当に心臓が口から出るかと思うぐらい緊張していて、正直言うと怖かったです。先輩のポジションに立たせていただくことにも緊張するのに、さらにセンターですから。

桜井:理々杏はセンターが合っていると思うよ。

伊藤:えーっ、うれしい(笑)。もっと頑張ります!

ーーしかもオリジナルのセンターだった伊藤寧々さん(※卒業生)、それを引き継いだ伊藤万理華さん(※卒業生)から、さらに“伊藤”の継承ができましたし。

伊藤:そうですね(笑)。それもあってか、万理華さんのポジションをやらせていただくことが多くて。同じ苗字に感謝です!

桜井:いやいや、あなたの実力よ?

伊藤:ふふふ(笑)。

同世代のトレンドが作れる存在になってほしい(桜井)

ーー特に今回の『Sing Out!』では3期生が多く選ばれていますし、それは技術が向上して個性も確立された、その表れなのかなと。と同時に、今までの乃木坂46を良い意味で壊して、さらに長く続けるためには必要なことだとも思うんです。

桜井:本当にそのとおりですね。上の子たちはどんどん年齢を重ねて、ここからどんどん外へ出ていくことになると思うので、そうなるとこれからは3期生がメインになっていくはずですし。特に理々杏の年代の子たちは今、一番可能性がある世代だと思うんです。もちろん私たちも7年8年やってきたプライドはあるので、私たちが作ってきたものを受け継いでもらいたいという願いもありますけど、そこはあまり気にせずに「自分たちの乃木坂」として、いろんなことをバンバンやっていってもらいたいなと思っています。

ーー「私たちが作ってきたものを受け継いでもらいたい」というところで、後輩に何か直接教えたりということはあるんでしょうか?

桜井:具体的にはないんですけど、3期生はいい意味でカラーが強くて。たぶん今の流れ的には、むしろそっちのカラーのほうが大事なのかなと思ったりもするんです。もう確立できちゃっているものがファンに伝わって、実際ファンが付いて来ているわけだから、もっとやりたいようにやっていいと思いますね。

ーー方や伊藤さんたちは、先輩たちの背中を見ていろいろ学んでいると。

伊藤:はい。パフォーマンスのあり方とかステージ上でのことだけではなくて、普段の生活でもいろいろ学んでいます。私たち3期生は乃木坂が好きで入ったので、先輩方の作り上げたものをもっと先まで持っていきたいという気持ちも強いんだけど、「それだけじゃダメだよ」って言われているような気もしていて。自分もそうだけど、みんなまだ葛藤するところもあると思うので、こうやって言葉で伝えてくださるのは本当にうれしいなって思います。

ーーその葛藤って、どうしたら解消されていくんでしょうね?

伊藤:まだ迷いはありますけど、従来の乃木坂のカラーを保ちつつ、私たちならではの新しさをうまい配合でミックスできればいいんじゃないかなと。それができたら、もっと自信が持てるようになるんじゃないかと思っています。

ーーこれは3期生だけではなく4期生にも言えることなんですけど、皆さんちゃんと「乃木坂っぽさ」をまとっているなと思っていて。先輩たちと並んだときも浮いている感じもなく、すごく自然なんですよね。だから、乃木坂のカラーや空気感というものはちゃんと受け継がれていくという安心感もあるんです。

桜井:うんうん、わかります。

ーー桜井さんはここから、3期生や4期生を中心とした乃木坂46がどうなっていくのがベストだと思いますか?

桜井:幅広い世代に支持されるようなグループでありたいなとは思うんですけど、その中でも特に同世代の、10代20代ぐらいの若い子たちのトレンドみたいなものが作れて、かつ引っ張っていっているもののひとつとして乃木坂があったらいいなと。そういう意味では3期生の子たちがやっていること、例えば3期生や4期生の子たちのメイクを真似したいと思ってもらえているような、同世代から憧れられる子たちが常にいる……メンバーが入れ替わったとしても、新しい世代の子たちがそういうふうになれるグループになっていけたらなって思いますね。

ーーそれこそ、1期生の白石麻衣さんが築いてきたことを、3期生や4期生にも継承していってほしいと。

桜井:そうですね、3期生、4期生が同世代の子たちに対してそれをできるようになったら最高ですよね。

伊藤:……頑張ります!(笑)

桜井:おう!

ーー(笑)。

伊藤:私も1期生さん2期生さんを見て真似したいと思っていた人なので、自分たちもそういう存在になりたいなと思っているので……うん、頑張ります!

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!