>  >  > 宮野真守、声優デビュー時の思い出語る

宮野真守、声優デビュー時の苦い思い出語る 「みかんを丸ごと俺の口に詰めて……」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネプチューン・くりぃむしちゅー・チュートリアルの7人の芸人によるトークバラエティー『しゃべくり007』(日本テレビ系)。5月27日放送回では、ゲストに宮野真守、山田裕貴を迎えた。

宮野真守『アンコール』

 まずは“声優界のプリンス”宮野が登場すると、客席は黄色い歓声に包まれ、中には涙を流す人も。宮野はアニメ『DEATH NOTE』の主役・夜神月、映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズで主演、ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の吹き替えを務めるなど、数々の話題作に出演。男性声優ソロアーティストとして初の日本武道館公演も成功させた。

 くりぃむしちゅー・上田晋也から「女性のファンが多い?」と聞かれると、宮野は「だんだん男性のファンも増えてきたんですけど、僕のライブ見に来てくれる男性のファンは女になって帰る」と驚きの発言。セクシーな振り付けが多く、男性ファンも興奮すると説明し、実際にその振り付けを披露した。

 これまで700本以上の作品に携わり、業界随一の幅広い役柄をこなしてきた宮野は「毎日違う作品ですね。1日に2作品とかあったりするんで、結構バタバタ。混乱したりします」と多忙ぶりを明かす。さらに映画は主役でも半日で声を撮ると言い、「プロなんで」と一言。「事前にVTRいただいたり、自分で合わせてから現場(に行く)」と説明し、「プロなんです」と再びドヤ顔を見せた。過去に『ドラえもん』で声優に挑戦したというくりぃむしちゅー・有田哲平が「合わせるのが難しい」「大袈裟にやらなきゃ伝わらない」と振り返ると、宮野は「逆に抑揚をつけないことも大切にしています。デフォルメしすぎちゃうとやりすぎなお芝居になっちゃう」と言い、映画の吹き替えではボソボソとしかしゃべっていない、と語った。

 子供の頃は『ドラゴンボール』や『スラムダンク』などのアニメが好きだったという宮野。しかしきっかけはそれらのアニメではなく、7歳の頃から劇団に所属し、18歳の時に受けた海外ドラマの吹き替えのオーディションで初めて声優をやったのが始まりだったと語った。

 さらに番組では男子高校生、おじいちゃん、犬のパネルに合わせて宮野が“変幻自在ボイス”を披露することに。まずはおじいちゃんのアフレコで「穏やかな午後じゃの〜。お〜い有田、飯はまだか」と言い、上田から「イラストと合ってない!」とツッコミを入れられた。高校生役では「どうもみなさん、こんにちは。上田晋也です。オイ有田、一緒に学校行こうぜ」と声を当てると、有田は「話しかけないでもらえる?」とおじいちゃんの声で応酬。上田が「ジジィかい! お前随分老けたな」とツッコミを入れた。

      

「宮野真守、声優デビュー時の苦い思い出語る 「みかんを丸ごと俺の口に詰めて……」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版