>  >  > 山田涼介、元号変わったことへの心境語る

山田涼介、Hey! Say! JUMPとして新時代に意気込み「平成をジャンプしているのでむしろ令和」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バカリズムがメインMCを務める音楽番組『バズリズム02』(日本テレビ系)。5月24日放送回では、トークゲストにHey! Say! JUMPが登場した。

 元号が平成から令和に変わったということで、バカリズムから心境を聞かれ山田涼介が「平成をジャンプしているんでむしろ令和じゃないかな」と持論を展開。有岡大貴も「平成になっても昭和のいる・こいる師匠はそのまま行ったんで」と先輩を例に出し、令和の時代も駆け抜けていくことを誓った。

 今年デビュー12年を迎えるHey! Say! JUMPに、「Hey! Say! JUMPの知名度選手権」と題し、今どれくらい世の中に知られているのか、身近にある有名なモノから知る人ぞ知るモノまで、8つのモノを用意し知名度対決を行った。敗者には電流の罰ゲームが用意されている。まずは、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演している伊野尾慧がWi-Fiと対決。「Wi-Fiなんてここ10年くらいですもんね。そんな新人に負けないですよ!」と伊野尾は意気込むものの、「伊野尾 51% WiFi 88%」でWiFiの勝利。「WiFiさん、ナメた口きいてすみませんでした」と伊野尾は平謝りすることに。

      

「山田涼介、Hey! Say! JUMPとして新時代に意気込み「平成をジャンプしているのでむしろ令和」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版