>  >  > TOKIO 長瀬、結婚観を明かす

TOKIO 長瀬智也、自身の結婚観語る「同棲しなきゃわからないぐらいだったら別れろって思います」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOKIOがMCを務めるバラエティ『TOKIOカケル』(フジテレビ系)。5月22日放送回では、ゲストに松山ケンイチ、早乙女太一が出演した。

 同放送では、「今さら男子に聞けない女子の悩み」を展開。女子の悩みに対して、松山と早乙女がAとBの二択で回答する。付き合うことになった彼に、以前その彼の友達と付き合っていたことを「正直に言う女子」(A)または「黙って言う女子」(B)どちらが正解? という質問では、早乙女はA、松山はBを回答。早乙女は「言っといたほうが余計なことが怒らなくて済むのではないか」とし、松山は「どっちでもいいんですけど、正直に言って変な顔するんだったら別れちまえばいいんですよ」と“松山節”を炸裂させる。国分太一が「このメンバーのなかだと誰のあとはイヤ?」と質問すると、松山は「城島(茂)さんですかね」と即答。「(女性が)城島さんからいろいろ教わってそうなんで」「何するにしても全部2番目になりそうなんで。勝てないような気がします」と理由を述べる。すると、国分は「意外と勝てるよ」とコメントし、スタジオを笑わせた。

 彼から風邪をひいたという連絡があった際に「心配して看病をしに行く女子」(A)と「お見舞いメールを送ってそっとしておく女子」(B)どちらが正解? という質問では、早乙女はA、松山はBを選択。松山は「“来てくれ”って言われたら行けばいいと思うんですよ。“察しろ”みたいな感じだとめんどくさい男ですよね」とコメントした。

      

「TOKIO 長瀬智也、自身の結婚観語る「同棲しなきゃわからないぐらいだったら別れろって思います」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版