MGFが世代やジャンルを超えて響かせたグルーヴ HUNGER、Shin Sakiuraら迎えた自主企画を見て

MGFが世代やジャンルを超えて響かせたグルーヴ HUNGER、Shin Sakiuraら迎えた自主企画を見て

 3MCで構成されるHIPHOPユニット・MGFが主催するイベント『Modern Groove Fashion』が、渋谷HARLEMにて5月11日に行われた。

MGF

 彼らのインタビュー(MGFが語る、“どこにも属さない音楽”を作る理由「自分たちのジャンルを限定したくない」)でも、メンバーのKSKが「僕らが好きな、みんなに聞いてもらいたいアーティストを招いた、僕らの趣味嗜好が反映されたイべントですね」と語るとおり、このイベントのライブパートには、ベテランラッパーのHUNGER (GAGLE)と、SIRUPにもギターでサポートに入っている、プロデューサー/トラックメイカーとして活動し、MGF作品にも『Real Estate』収録の「忘れられなくて feat. Shin Sakiura」で共演したギタリスト・Shin Sakiuraが参加。そしてDJにはモデルとしても活躍するTiffany Cadillac、MGFともクルーとして活動を共にしている3DJユニット・LOCAS、そしてトラックメイカー/プロデューサーとしてダンスシーンを牽引するDORIANがDJとして登場するという、MGFとの関係性や影響など、様々な面で接点のある、豪華な布陣でのイベントとなった。

 オープニングDJとしてフロアを彩ったTiffany Cadillacは、Junior Byles「Curly Locks」や、Zap Pow「This Is Reggae Music」など、オールドファッションなレゲエで観客を出迎える。メロウな選曲でフロアを温めてからバトンを渡されたDORIANは、ディスコやハウス中心のダンサブルなセットで、さらにオーディエンスの熱気を高めていく。そのオーディエンスの環の中にはMGFのメンバーの姿もあり、承前のインタビューで「とにかく楽しもうって感じですね」と話してたJapssyの言葉に間違いは無いようだ。

Shin Sakiura

 ギターとDTM用のコントローラーを携えて登場したShin Sakiuraは、自らトラックを流しながらギターを奏でるマルチなスタイルでのライブ。シティポップとも接続するようなメロウなインストや、ネオファンクな楽曲を中心にパフォーマンスし、スクリーンに映し出される莊子it(Dos Monos)のVJ映像と相まって、官能に訴えるようなライブを展開した。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!