>  >  > 亀梨和也、美 少年とパフォーマンス披露

亀梨和也、滝沢秀明演出で美 少年とパフォーマンス披露「立ち位置的にもピシッとやっていかないと」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月17日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に[ALEXANDROS]、亀梨和也、西川貴教、ブルゾンちえみ、May J. duet with デーモン閣下、ラストアイドルが出演した。

 亀梨和也はジャニーズJr.のユニット・美 少年とともに滝沢秀明によるスペシャル演出で「Rain」を披露した。滝沢はリハーサルから付きっきりだったらしく、亀梨は打ち合わせに私服で臨んだが対して滝沢はスーツを着用しており、「やっちまったな」と思ったという。「立ち位置的にもピシッとやっていかないとなんですけど」と美 少年とのパフォーマンスに改めて気合を入れていた。亀梨は今回初のソロ出演。亀梨は同じくT.M.Revolutionから西川貴教としてソロ出演している西川に事前連絡をしたとのことで、仲睦まじい筋肉いじりをした後に「お話できる相手がいて心強いなと思います」と笑みを見せた。

 西川は本名名義で新人として初登場。タモリから「ずいぶん前からお会いしているような感じがしますけど」と話しかけられると、西川も「そうですね。僕もそんな気がしているんですけど。T.M.も3年前ぐらいなんですけど20周年終えて、新しい挑戦として西川としてやらせてもらってます」と返答した。布袋寅泰が作曲を担当した「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰) 」の話題では、「昨日、布袋さんも日本に帰国されていて、今日ご覧になっていると思うので頑張ります」と意気込みを語った。

      

「亀梨和也、滝沢秀明演出で美 少年とパフォーマンス披露「立ち位置的にもピシッとやっていかないと」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版