>  >  > J☆Dee’Z、“未来”への上昇気流乗った一夜

J☆Dee’Z、“未来”への上昇気流に乗った一夜 渋谷CLUB QUATTROワンマンを見た

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 J☆Dee’Zが8月29日に渋谷CLUB QUATTROで開催した『J☆Dee’Z SUMMER LIVE TOUR 2018〜未来飛行〜』は、彼女たちが輝かしい“未来”への上昇気流に乗った瞬間を見届けたような、可能性に溢れた一夜だった。

 CAの機内アナウンス風の影ナレが流れ、飛行機が離陸するかのような展開から「あと一歩」でライブはスタート。今回のバンドメンバーは佐々木望(Gt / Soulife)、河原太朗(Ba)、田中航(Dr)、山下健吾(Key)、林洋輔(Sax)、関山博史(Tb)と、前回ワンマン同様金管2人が入ったリッチな編成で、相変わらずの同期なし、生歌とダンスで行われた。

 金管が盛大に鳴り響き、ファンファーレのように会場全体の士気が上がった「あと一歩」から、「Dream Arch」「Let the music flow」と序盤からアッパーな楽曲が続き、それに影響されてか、1発目のMCも超ハイテンション。3人はツアータイトルが最新シングル表題曲「未来飛行」よりも先に決まっていたことを明かし、「Secret Summer」へ。

 バンド演奏ながらヒップホップ感とグルーヴがより出ていた「Beasty Girls」や、アカペラからスタートした「Melody」と緩急を付けるパートに入ったかと思えば、メンバーは舞台袖に履け、バンドによるインスト演奏がスタート。会場のファンも休憩することなく、各自のソロに歓声を送り、横ノリでセッションを楽しんでみせる。ファンもまた、J☆Dee’Zとともに育ってきていることを実感する一幕だった。

 白い衣装に着替えて戻ってきたメンバーは、バレエダンスとコンテンポラリーを組み合わせたダンスパフォーマンスを披露。これまでフレッシュで元気なイメージが先行しがちだったが、MOMOKAも高校を卒業するなど、次第に大人びていく3人の“新たな魅力”が打ち出されているように感じた。その後は「流星のパノラマ」「伝えたいこと、ちゃんと伝えなくちゃ」と切ない楽曲を立て続けに歌い上げ、各メンバーのソロコーナーへと移る。

 Nonoは手嶌葵の「明日への手紙」を、amiはB’zの「衝動」を、MOMOKAはTEEの「ベイビー・アイラブユー」をそれぞれカバー。三者三様で難易度の高い楽曲ではあるのだが、それぞれが工夫を凝らしながら自分なりの歌い方で楽曲の世界観を表現していることに、ボーカル面での成長を大きく感じることができた。その後は先日の『Voice JAM』でも披露していた、Stevie Wonderの「Don’t You Worry ‘bout a Thing」を披露。彼女たちは岡村靖幸のカバー曲「だいすき」がライブ定番曲にもなっているが、「Don’t You Worry ‘bout a Thing」もまた、そのような楽曲になるのではないか、という予感がした。

 13曲目の「ひとひらの涙」は、原曲の持つ切なさとそれでも前に進む気持ちが、金管を含むバンドのライブアレンジと演奏、メンバーの純粋さと大人っぽさが同居する歌とダンスで表現された。筆者がこれまで見てきたJ☆Dee’Zのライブパフォーマンスのなかでも屈指の完成度で、思わず笑みがこぼれるほどだった。

      

「J☆Dee’Z、“未来”への上昇気流に乗った一夜 渋谷CLUB QUATTROワンマンを見た」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版