>  >  > 現地ファンに聞いた、中国と韓国アイドルの違い

中国アイドルと韓国アイドルの違いと魅力は? NINE PERCENT ノンノンの現地ファンに聞く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編では、2018年の『偶像练习生』、そして今年の4月6日に最終回を迎えたシーズン2『青春有你』という中国のアイドル番組がいかに社会現象になっているかを紹介した。それでは、この番組を見て出演者のアイドルにはまり、追っかけをするようになった中国の若者はどのように自国のアイドルを見ていて、どんな追っかけの日々を送っているのだろうか? 今回の主役は、陳立農(チェン・リーノン、通称:ノンノン)が大好きな大学生の女性だ。

『偶像练习生』の初回に登場したノンノン。このピンクの服から、ピンクが彼のイメージカラーになる(写真提供=愛奇芸)

 まず、私自身、『偶像练习生』を初めて見たその瞬間から釘づけになってしまったノンノンのことを簡単に紹介したい。出身は台湾。2000年10月生まれだから、まだ弱冠18歳だ。『偶像练习生』初回の放送時、ピンクの服を着て登場した。180cm以上ある身長にピンクというギャップと何よりも彼の優しい笑顔に、私をはじめ、多くの女性がメロメロになった(はずだ)。彼の人気はぐんぐんと伸びていき、最終回の放送時は人気ナンバー2でデビューした。デビュー後も人気は衰えることなく、現時点で、彼の微博(weibo)のフォロワー数はなんと約1220万! この数字を見ただけでも、彼の人気ぶりがわかるだろう。

『偶像练习生』でのステージ。一番左がノンノン(写真提供=愛奇芸)

 上海の大学に通う大学3年生の徐(シュー)さんは、ノンノンを好きになった日をはっきりと覚えているという。2018年1月23日。存在を知った瞬間から彼の熱狂的なファンで追っかけをしている。「『偶像练习生』の放送が始まるのは知ってたんだけど、見るつもりはなかったんです。でも、寮にいて暇だったからサイトを開いて番組を見たんですよね。それが2018年1月23日」。『偶像练习生』の初回放送が2018年1月19日だから、数日遅れで見たことになる。

シューさんの部屋の入り口のノンノン(撮影=小山ひとみ)

 「中学の頃から韓国のBIGBANG、特にG-DRAGONのファンです。もちろん、今でも好きだけど、メンバーが兵役に行っていることもあって活動休止しちゃっているし。これまで中国のアイドルに惹かれることはなかったんだけど、ノンノンは別格ですね。初めて見たとき、ピンクの服を着ていて、こんなに可愛いくて、かっこいいアイドルがいるんだ! って思いました」。

 シューさんの寮の部屋に入ると、真っ先にノンノンの笑顔のポスターが目に飛び込んでくる。彼のイメージカラーであるピンクが背景色になったポスターだ。シューさんの生活する寮は4人一部屋で、ロフトベッドと、その下にある机だけが、個人のプライベートな空間だ。シューさんの机には、これまたひときわ目を引くメモが貼られていた。「シュー、早く勉強しなさい。土曜日にノンノンに会いに行くんでしょ!」と書かれている。自分で書いたそのメモは、勉強したくないけど、週末にノンノンに会えるんだという自分を鼓舞するために書いたもの。そうか、彼女にとってノンノンの存在は、毎日の元気の源なんだ。そして、そのメモの横にはノンノンとG-DRAGONの写真が仲良く並んでいた。

 2018年1月23日のその日からシューさんは毎日、『偶像练习生』の投票サイトからノンノンに票を入れた。「最終回の生配信でノンノンの名前が呼ばれるまでは、本当にドキドキしていました。ずっと上位で進んできたけど、意外な展開っていうのもあり得るでしょ。2位でノンノンの名前が呼ばれたときは、本当にホッとしました」。わかる、とってもよくわかるのだ。私も最終回の生配信を見ていたので、出演者が緊張して表情が固まっている様子を見ては、「加油!(中国語で「頑張って」の意味)」「大丈夫!」と画面につぶやいていたから、とてもよくわかる。

『偶像练习生』最終回では2位で無事にデビューを果たした(写真提供=愛奇芸)

 無事にNINE PERCENTのメンバーとしてデビューを果たしたノンノンを応援すべく、シューさんはファンの友人たちとWeChatで繋がり、情報交換して応援を重ねていった。NINE PERCENTのデビューライブは、上海でももちろん開催された。午後1時のフライトでNINE PERCENTのメンバーたちが上海入りするという情報を得たシューさんは、他のファンの子たちと一緒に空港に駆けつけた。しかし、シューさんたちが着いたときはすでにグループナンバー1人気の蔡徐坤(ツァイ・シュークン)のファンたちが中央部分を陣取っていた。

 「さすがって感じでした。ツァイ・シュークンのファンたちは朝の7時くらいから場所取りしていたらしいんです。しかも、みんなお揃いのユニフォームを着て万全の体制で待っていたんですよ」。ノンノンファンは出遅れたらしく、端のほうのスペースで待機していたそうだ。空港出口付近には、NINE PERCENT9名それぞれのメンバーごとにファンが9つの区域に別れて待機していた。しかし、結局、メンバーはVIP出口から出てきたそうで、ファンは遠くの出口から出てくるメンバーに写真を掲げて名前を叫び、ファンが考えたスローガンも口にしていたそうだ。「BIGBANGのファン同士ってとても仲良かったんですけど、NINE PERCENTはみんな、個人を応援しているので、別のメンバーのファンとはピリピリした関係なんです」。そのときも、どのメンバーのファンが一番大きな声が出るかで競争になっていたらしい。

「中国アイドルと韓国アイドルの違いと魅力は? NINE PERCENT ノンノンの現地ファンに聞く」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版