>  >  > 欅坂46森田ひかるは今泉佑唯の継承者に?

欅坂46二期生 森田ひかるは今泉佑唯の継承者に? ドラムで培ったダンスのパワフルさに注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月9日から3日間に渡り開催された、欅坂46初の日本武道館公演となる『欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE』(以下、3rdアニラ)。これぞ欅坂と言える世界観を見事に打ち出した素晴らしいライブとなった。同ライブを成功させた要因の一つとして、初のお披露目イベント『お見立て会』からまだ5カ月ほどしか経っていない二期生9人の活躍が挙げられる。欅坂の世界観を壊さずに、新しい景色を見せる形でグループに貢献したのだ。そんな二期生の中から、今回注目したいのが森田ひかる。公称149.8cm(現在は1mm伸びて149.9cmとラジオで語っている)という欅坂一小さな体でのパフォーマンスは、とにかく観客の目を惹く。4日間で約2万4千人を動員した欅坂二期生の『おもてなし会』の報道では、森田中心の構成で紹介されるなど、各メディアも注目している印象だ。

『B.L.T.2019年4月号』別冊付録『欅坂46 2期生 PERFECT BOOK 欅図鑑』

 森田は、福岡県出身で、2001年7月10日生まれ。平手友梨奈と同い年である17歳だ。坂道合同オーデションには、CMを最初に見たとき、大好きな元・乃木坂46の西野七瀬が放った「この夏で、あなたの人生が変わります」というキャッチコピーに惹かれ、姉の推薦もあり応募したという。メディア賞・anan賞を受賞。オーディションでのおっとりとした美少女ぶりは人気が高く、欅坂に配属が決まった際には乃木坂ファンから落胆の声が続出した。

 アニメや読書が好きで絵が得意というインドア派を自称しているが、特技はサカナクションに影響を受けたドラム。また、一人遊びが好きだった森田は、放課後は田んぼ道で(夏は裸足で)側転していたというエピソードもあり、クールな佇まいに見えて、長濱ねるに負けぬ野生児っぷりを秘めている。また自分を動物にたとえると「タコです」と言うほど懐くと人にベタベタくっつく性格で、松田里奈を姉のように慕い、四姉妹の末っ子ぶりを発揮している。

 そんな森田がステージに立つと一変。『お見立て会』の自己PRでは和太鼓を披露した。ゲームセンターの『太鼓の達人』のバチを折ったこともあるほどの本格的でパワフルなバチさばきは、凛としていて実に格好良い。そのギャップがファンの心を掴む。昨年12月の『MUSIC STATION SUPERLIVE 2018』(テレビ朝日系)で歌番組デビューを果たし、続く『第60回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)では、まだ世間には認知されていない二期生にも関わらず、「アンビバレント」で一瞬カメラに抜かれ、欅坂の世界観を表現するにふさわしい森田の眼光鋭い表情が話題を呼んだ。

      

「欅坂46二期生 森田ひかるは今泉佑唯の継承者に? ドラムで培ったダンスのパワフルさに注目」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版