中居正広と岡村隆史は“時代に選ばれた”エンターテイナーだ 共通点多い二人のラジオを聞いて

 中居正広が、5月2日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演した。ふたりのトークは古くからの友人同士が飲んでいるところに、同席したような気分になるもので、“いつまでも聞いていたい”と、思ったリスナーも多かったことだろう。

 責任感が強くてストイックな性格。テレビと共に駆け抜けてきた月日。それぞれが愛を持って向き合ってきた長寿番組との別れに流した涙……アイドルとお笑い芸人とジャンルは異なるが、ふたりには共通点が少なくない。

 たとえば、独身生活を楽しんでいることもそうだ。レモンの冷凍方法にこだわりがあるなど、几帳面なところも、ふたりはよく似ている。岡村が「大きな音を立ててドアを締めるようなガサツな人も苦手」と話せば、「大きな声で質問返しされるのが苦手」と答える中居。苦手な人のタイプを聞いていれば、最近までガラケーを使い続けてきた“物を大事にする中居”、思わず中居がモノマネしたくなるほど“普段は声が小さい岡村”と、お互いに居心地のいい人であることも頷ける。

 「キラキラした話を!」と何度、軌道修正しても、ふたりの話は気のおけない仲間同士の会話になってしまう。だが、それこそがラジオリスナーの大好物でもある。『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で過酷な状況を乗り切った話、遊びに行った先で中居のヤンキー気質が炸裂した話には、頬が緩むのをおさえられない。ゆるいトークをしているようで、そこからふたりの生真面目な仕事観や、愛情深さが見えてくるのがたまらない。

 思い出話は、初共演となった『夢がMORI MORI』(フジテレビ系/1992〜1995年)にまで遡る。SMAPがプロデューサーに叱られ、ナインティナインのふたりがビビりまくったこと。そして、ナインティナインが「矢部浩之(大きい方)、岡村隆史(小さい方)」とメモして実家の電話番号を渡したこと。「かける用がなかった」という中居に対して、木村拓哉は電話をしてきたこと……。

 尽きない内輪ネタでひとしきり盛り上がると、中居は「やっぱアイドルって不思議ね」と語り始めた。歌手やダンサー、俳優といった、いわゆるその道のプロにはかなわないのに、人々を魅了する力を持つアイドルという存在。中居にしては珍しいフワッとした問いかけに、岡村は「時代に選ばれてしまうねん。選ばれた人は、そこで頑張っていかなあかん」と、まっすぐに答える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる